ホテルマンの宿泊記ブログ『ホテルモントレ沖縄』はオーシャンビューが最高!

ホテル宿泊記
ホテル宿泊記
さや
さや

はいたい~さやです

今回は沖縄県民向けのキャンペーン、おきなわ彩発見キャンペーンで宿泊した「ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート」の宿泊記です。沖縄の西海岸で読谷から北部のリゾートホテルはいくつか宿泊しました。まだ泊まったことのないホテルに泊まってみたかったのでせっかくの機会に、モントレ沖縄に泊まってみることにしました。

せっかく沖縄に行くなら『綺麗な海が目の前のホテルに泊まりたい』という方におすすめの、部屋からのオーシャンビューが最高なホテルでした。

こてつくん
こてつくん

ごはんの時間にかえってきてくれたにゃ~

きり
きり

家からすぐのホテルだからね

泊まったことのある沖縄西海岸のホテル
さや
さや

各ホテルの宿泊記はリストのリンクからcheck!

おきなわ彩発見キャンペーンとは?

モントレ沖縄の部屋からみえるビーチ

沖縄県内の宿泊事業者、旅行事業者、観光関連事業者の事業継続を支えることを目的に、宿泊を伴う旅行商品に対して補助を行い、沖縄県民の県内旅行を促進する事業です。

旅行商品に対する補助率は、80%となっており、宿泊のみの旅行商品の場合、補助上限額は最大で8,000円が補助されます。 さらに、宿泊に+α(交通、アクティビティ、観光施設利用)を組み合わせ旅行商品の場合、補助上限額は最大16,000円です。

今回私たちは、この彩発見キャンペーンの第三弾の期間中に、平日宿泊で、楽天トラベルから予約しました。インターネット販売専門旅行会社(OTA)の補助上限は一人当たり6,000円だったので、二人で12,000円分のクーポンを使ってお得に旅行できました。

本当は「宿泊+α」(+α=陸上交通、有料観光施設、体験・アクティビティまたは航空・海上交通から二つ)のパッケージ商品で予約したかったのですが、初日に売り切れ多数で仕事中に完売してしまいました…。

ホテルへ到着

正面ゲートから車で入ると、

警備員
警備員

宿泊ですか~?

きり
きり

チェックインです~

警備員
警備員

正面玄関につけてくださいね~

とのことだったので車を玄関につけ、予約名を伝えて荷物だけドアマンへ預け、地下駐車場へ。さすがに平日のお昼過ぎだったため着いたときは駐車場はガラガラです。

チェックイン時間の15:00までは時間があったので、ロビーに立ち寄ってからビーチを散歩することにしました。

ホテルモントレ沖縄のタイガービーチ

Cafe Tiger Beach

さや
さや

ハワイかと思った!

エレベーターで下へ降りるとすぐにビーチが広がっています。この日は天気もよくて本当に最高に気持ちが良い風が吹いていました。日差しも強くて、帽子やサングラスがあってもいいくらい。

この透明度

モントレ沖縄の目の前に広がるのは「タイガービーチ」で、東の冨着(フチャク)ビーチと連なり、この辺りのビーチの中でも見晴らしが良いロングビーチです。

上からみるとこんな感じ シェラトンとカフーが見えます

遊泳期間は4月~10月で、私たちが訪れたのは3月でしたが丁度遊泳区域のロープが張られていました。まだ海に入るのは寒いかな、といった感じ。パラソルで寝転がってる人や、日光浴をしている人がちらほらいました。

モアナみたいな女の子がかわいい

子供連れのおしゃれファミリーがピクニックをしていてかわいかった!私もピクニックバスケットを持ってビーチピクニックしたい~。せっかく沖縄に住んでいるのでたまにはこうやって近くのビーチにお出かけに来るのもいいですね。

ビーチは素足でも歩けますが、サンゴや貝がゴロゴロ落ちていたのでちょっと痛いかも。ビーチサンダルかマリンシューズで歩くのがおすすめです。ビーサンは家においてきてしまいましたが、黄色と青色のビーチサンダルが客室にアメニティとしてセットされていました。

ちょっとごつごつしてる
奥が遊泳区域

チェックイン

ロビーのシャンデリアが好き

チェックイン時間になったので、フロントへ戻りました。お客さんが少ないタイミングなのもあって、ロビーはすごく静か。

到着時に正面玄関に預けた荷物が、おそらく1時間くらいは無造作にカートの上に置かれたままでした。(チェックインに来なければ一度バゲッジルームにしまうか、せめてネットをかぶせるべきかな…)ロビーの微妙にじゃまになる位置に斜めに荷物を乗せたカートがずっと置かれていたのが元ベルとして気になってしまいました(笑)

左奥のカート


チェックインは丁寧に説明してもらい、お部屋も最上階のお部屋でご用意しましたとのこと。

さや
さや

わ~い!ありがとうございます!

夕食付きのプランで申し込んだので、夕食予約の有無の確認もされました。チェックインが終わって、ベルスタッフは待機しているようでしたが特に荷物について触れられず…このコロナ禍で各ホテル、方針は違うと思うのですが一言声かけがあってもいいと思うところです。

私たちもベル新人時代、厳しい先輩たちによく怒られたとを思い出します。

ベル先輩
ベル先輩

チェックインが終わりそうなタイミングで必ずゲストに近づくこと→食券の説明や、カードキーの準備ができていたら合図だよ

ベル先輩
ベル先輩

なんで今のゲストスルーしたの?

ベル先輩
ベル先輩

常にどの荷物がどのゲストのものか把握しておくこと

ゲストルーム

エレベーターホール

チェックインを終えて客室へ。今回予約していた『ダブルルーム』は本来6F~11Fに位置しているようですが、アップグレードしてくださったので最上階の12Fへ。お部屋はエレベーターを降りてすぐ近くにあり、キーをかざして入ってみると…

きり
きり

え…なにこの部屋?

ドアを開けて正面にはベッドルーム、部屋に入ってすぐ右に廊下があり、ミニキッチン?とベッドルームと同じくらいのサイズのリビングルームが!

ベッドルーム
なぞの廊下

最初コネクティングルームの扉が開けられているのかとびっくりしましたが、ちゃんとバルコニーは繋がっていたのでこれで一部屋みたいです。

公式のホームページをみても存在しない間取りだったので、もともと二部屋とかだったのを改装したのか何かでこの部屋があるのかな?とりあえず、予約したお部屋の倍くらいの広さで大満足でした。

通常の「ダブルルーム」だと、21平米なのでたぶんこのベッドルームだけの大きさ。リゾートホテルにしてはやっぱり21平米だと狭く感じるかな?ただバルコニーからの景色はかなり開放的です。

バスルームとアメニティ

なんとも言えないバスルーム

この不思議なお部屋も通常のダブルルームと同じでユニットバスでした。連泊しない方や、家族連れじゃなければ十分だと思いますが、ファミリーや記念旅行であれば、洗い場付きのスタンダード以上か、オーシャンバスのお部屋、またはプレミアムクラブフロアのお部屋でゆっくり過ごすのがいいと思います。

このゴールドの壁紙と、狭いスペースに置かれたアメニティはなんとも言えないけど清潔感はありました。

アメニティが充実

アメニティは12Fだったためかクラブフロアと同じアメニティでした。但し公式ホームページには下記の注意書きがあったので、当日のお楽しみにしておきましょう。

※同じ客室タイプでも階数によってアメニティ等の内容が異なりますので、ご宿泊になる客室階数にご注意くださいませ。

ホテルモントレ沖縄公式ホームページ

クレンジングから入浴剤まであり、バスアメニティも充実してましたが、客室には空気清浄加湿器に加えて、アロマやバスローブ、コーヒーマシーン、ビーチサンダル等もあり、特に追加で頼む必要はないくらい。

ビーチセット(ビーチサンダル、ビーチガウン、ビーチバッグ)は4月~10月のみセットされているようです。アメニティが多いのは助かりますね!

部屋からの景色が最高

もう小出しにしているので、分かるかと思いますが部屋からの景色は最高です!

さや
さや

theオーシャンビュー!

最高すぎる

ガーデンやプールの先にビーチがあるのでなく、今回泊まった部屋からはビーチが見下ろせるのがポイント。ヒルトンハワイアンビレッジのアリイタワーのフロントオーシャンビューの部屋からの景色もこんな感じだったな~。

ずっと見てられる景色

ベッドに寝転がっていると波の音が心地よくて、いつの間にかお昼寝していました。ベッドから起き上がるとすぐ空と海の青が飛び込んできます。朝起きたときに目の前がこの景色なんて、贅沢すぎる。

南西側にはガーデンプールがありますが、この部屋の角度だとプールや夕陽は見れなさそうです。バルコニーの椅子に座ってしばらく海を眺めていました。

いい天気の日に泊まりにこれてよかった~。沖縄の天気は気まぐれなので、運が良ければこんな綺麗な海が望めます。十分曇りでも綺麗ですが、やっぱり晴れてると気持ちがいい。

これは朝起きたときに撮った海

ガーデンプール『SUNSET GARDEN』を散策

だんだん暗くなってきたので、チェックイン前には行かなかったガーデンプールへ。サンセットガーデンという名前だけあって、夕陽の見える西側にあります。

奥にはチャペルも

まだガーデンプールは営業が始まってなかったので、プールも一部しか水が張られていませんでしたが、ガーデンのブーゲンビリアやハイビスカス、フルーツ園のお花も可愛かった。

ヒトデやナマコを触れるコーナーもあったので、お子様連れでも楽しめそう!早くガーデンプールにたくさんの人が溢れる光景がみたいな~。今年の夏にはコロナが少し落ち着くことを祈るのみです。

もう少しで日が沈みそう

水面にホテルとヤシの木が写ってて綺麗。南国リゾート感があっていい感じでした。

『シーフォレスト』でディナーブッフェ

今回は夕食付きのプランだったので、ホテル内のブッフェレストラン『シーフォレスト』でディナーをいただきました。和食・洋食・ブッフェで選べるのですが、コロナの影響でブッフェレストランしか開いてなかった~。でもちょうど北海道フェア開催中だったので蟹が食べれるのが嬉しい!

スタッフの方が妊婦だと気づいてすぐにクッションを用意してくださいました。

さや
さや

助かります~

ブッフェレストランに入る廊下には、海に向いた鉄板焼きのレストランもあります。

ブッフェコーナーは広くておしゃれ

早速まずは蟹をとってきました。他にも北海道フェアなので、ミニ海鮮丼やホタテに北海道野菜のスープカレー、じゃがいもやとうもろこしなど、沖縄県民にとっては嬉しいメニューがたくさん。沖縄へ観光へ来た人からしたら、なんで沖縄なのに北海道フェアやねん!とつっこみたくなりそうですが(笑)

真ん中にあるのはジーマミー豆腐と鮭のホイル焼き、北海道のクリームチーズ

お腹が空いてたので、早く食べたくて料理のピントが全然あってない写真しかなかった。

スープカレー
海鮮丼わたしも食べたかった
ホタテ
ステーキ

蟹はおかわりしましたが、私が剝くのヘタすぎてきりさんが全部むいてくれました。

食後にはフルーツもたくさん食べて大満足。レストランのスタッフの方も丁寧で、シェフやスタッフの方がおすすめの食べ方教えてくださったり、細かく気配りしている感じがとてもよかったです。次は北海道フェア以外のときにも行ってみたい。

沖縄のおすすめレストラン

ホテル内に、『オイルランプ博物館』がある

ディナーを食べ終わったら、このロビーの上にあるオイルランプが気になっていたのでホテル内を散策。廊下にはアンティークのオイルランプのコレクションがずらり!

18世紀~19世紀のイギリス・チェコ・フランス・ドイツのオイルランプが展示されています。

色合いが素敵すぎる

壁一面に並べられたオイルランプはどれも素敵すぎました。

夜のロビーも雰囲気も好き

このアンティークオイルランプ博物館のある3階から見下ろすロビーもいい感じなので、是非立ち寄ってみてください。

『シーフォレスト』での朝食ブッフェ

朝食もディナーを食べたレストランと同じ『シーフォレスト』へ。シェフコーナーではオムレツを焼いてくれます。

個人的には、チーズコーナーにモッツァレラチーズがあったのが嬉しかった。あんまりホテルのブッフェレストランでモッツァレラあるの見た事ないきがする。サラダにたくさん入れていただきました。

アクセス

  • 〒904-0413 沖縄県国頭郡恩納村字冨着1550番地1
  • マップコード 206 096 895*44
  • 那覇空港から車で約1時間(高速の場合約50分)

ホテルモントレ沖縄へはレンタカーで移動がおすすめです。レンタカー予約は比較サイト旅楽が便利!日時と場所を入力するだけで各社のレンタカーショップを検索してくれます。

レンタカー予約は早ければ早い方がいいので、航空券をとったらすぐに予約しましょう。GWや夏休み、年末年始などの繁忙期はすぐにレンタカーがなくなってしまうこともあります。

沖縄行きの航空券予約

ソラシドエアの機内からみた沖縄

沖縄への航空券はソラシドエアで購入するのがおすすめ。私たちはよくジェットスターやPeachなどのLCCも利用しますが、無料持ち込み荷物の制限があるのでいつもギリギリでした。 ソラシドエア ならANAと同じようなサービスが受けられ、機内持ち込み荷物なら10kgまで1人1個無料、受託手荷物も20kgまで無料なので荷物を気にせず旅行ができます。

早めに予約すれば沖縄(那覇)行きが片道6,600円から予約できます。LCCの手数料を考えると同じくらいの値段で航空券が購入できるので一度料金を調べてみてください!

東京(羽田)-沖縄(那覇)3往復  6便/日
沖縄(那覇)-宮崎1往復  2便/日
沖縄(那覇)-鹿児島2往復  4便/日
沖縄(那覇)-神戸3往復  6便/日
沖縄(那覇)-名古屋(中部)1往復  2便/日
沖縄(那覇)-石垣3往復  6便/日
沖縄(那覇)-福岡1往復  2便/日
ソラシドエアの就航路線 2021年8月現在

旅行サイトで料金をチェック

まとめ

綺麗な海が名残惜しかったですが、朝食を食べたらチェックアウトして帰宅しました。

ホテルモントレ沖縄は、部屋から最高な景色が望め、波の音を感じられる素敵なホテルでした。高級志向な方向きではないかもしれませんが、この綺麗なビーチやガーデンプールで沖縄を感じることができると思います。

  • ホテルからすぐにビーチに行ける
  • 部屋からのフロントオーシャンビューが最高
  • アメニティが充実
  • 広めのブッフェ会場
  • ファミリーにもおすすめ

沖縄に住んでいてもこうやってたまにホテルに泊まりにいくのも癒されて楽しいな~と思いました。また沖縄のホテル宿泊記を順番に紹介したいと思います。

はにちゃん
はにちゃん

mahalo~

こてつくん
こてつくん

ここはハワイじゃないにゃ!

Profile
きりさや夫婦

はいさい~!夫の『きり』と妻の『さや』と申します。
2人とも現役ホテルマンで、将来は沖縄に小さなホテルをオープンすることが目標です。大好きな沖縄に保護猫2匹と移住をし、刺激的で楽しい毎日を送っています。
詳細なプロフィールは↑のリンクから

きりさや夫婦をフォローする
スポンサーリンク
シェアする
きりさや夫婦をフォローする
おもてなシーサー

コメント

タイトルとURLをコピーしました