ホテルマンがおすすめする沖縄本島【子連れ】で楽しめるホテル5選

ホテル宿泊記
ホテル宿泊記子育て
さや
さや

はいたい~さやです

今回は、沖縄移住したホテルマン夫婦が実際に宿泊した沖縄本島ホテルの中から、子連れでも楽しめるホテルを厳選して紹介します。私達夫婦にも0歳の赤ちゃんがいて、実際一緒に宿泊したホテルもあります。各ホテルを詳しく紹介した記事もあるので、子連れでのホテルを悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

POINT
  • 沖縄へ家族旅行を計画している
  • 小さい子供でも楽しめるホテルを知りたい
  • 子連れでのホテル選びに悩んでいる
  • 実際に宿泊した感想が知りたい
  • ファミリー層が多いホテルはどこ?

ルネッサンスリゾートオキナワ

部屋からの景色
子連れにおすすめなポイント
  • ホテル館内でイルカやウミガメ、インコなどの動物と触れ合うことができる
  • アクティビティが豊富でホテルで1日中遊べる
  • 子供向けの部屋がある
  • 離乳食やキッズプレートが無料
  • 2020年4月にリニューアルされた館内は設備も使いやすい

子連れにおすすめなホテルで真っ先に思い浮かぶのが、沖縄本島のリゾートエリア、恩納村にある『ルネッサンスリゾートオキナワ』です。私達夫婦は、娘が産まれる前に宿泊していますが、子供が産まれたらまた絶対泊まりたい!と思ったホテルでした。

生き物と触れ合うことができる

まずホテルに入ると、インコが元気な声であいさつしてくれます。ロビーにはいつも1,2匹いて、屋外にあるふれあいエリアにも何匹か休憩していました。シフト制かな?(笑)鳥かごに入っているわけでなく、フリーでおりこうしています。

ルネッサンスリゾートのおすすめポイントは、敷地内にイルカやウミガメ、エイなどの動物が飼育されていること!

イルカと一緒に写真を撮れるプログラムから、一緒に泳ぐことができるアクティビティまで用意されているのでホテル内でイルカと触れ合うことができます。プログラムに参加しなくても、調教師さんと一緒に遊んでいたり、ジャンプなどのトレーニングしている姿を陸から見ることもできます。

写真に写っていませんが、手前にウミガメも何匹がいました 

子供向けアクティビティや遊び場所も豊富

ホテルのビーチに海賊船?

私達は、ルネッサンスリゾートオキナワの近くに住んでいるので前を通ることが多いですが、波が穏やかな日には海賊船がホテル周辺を回遊しています。

海賊船でのトレジャーハンティングや、お仕事体験プログラムなども豊富です。ホテルマンの私達からしたら自分の子供にやってみてほしいのは、『初めて☆お仕事チャレンジ ベルスタッフ』。なんどホテルマンのお仕事を経験できるプログラムがあるんです。

他にも、パティシエ体験やエイサー体験、プールでの玉入れや動物とのふれあい体験など、ルネッサンスリゾートオキナワならではのアクティビティが充実しています。

また、子供向けのプールもあり、夏のシーズンはホテルのプライベートビーチやプールでの水遊びを楽しむことができ、ホテルで1日中過ごしても遊び足りないくらいです。

アウトドアプール

  • 5mの子供向けウォータースライダーと子供用プール(50cm)
  • 大型日よけあり

インドアプール

  • 5mのウォータースライダーと、15mのループスライダー
  • 子供用プール(50cm)

キッズスプラッシュ広場

  • 5つのウォーターアイテムを設置した水遊びなどを楽しめるウォーターゾーン

子供向けの部屋

ルネッサンスリゾートオキナワには、「フリッパーズコネクティングルーム」という、子供向けのお部屋もあります。ファミリーに人気のコネクティングルームは、カラーやデザインが異なる4タイプの客室があり、お風呂も広々しています。

詳細は公式ホームページからチェックしてみてください。

フリッパーズ コネクティング | ゲストルーム | ルネッサンスリゾートオキナワ【公式】|沖縄リゾートホテル
ルネッサンスリゾート沖縄のフリッパーズ コネクティングは内ドアで行き来できる、ご家族に人気のコネクティングルームです。カラーやデザインが異なる4タイプの客室となっておりファンタジックな海の世界がお迎え。

通常のお部屋でも全室オーシャンビューで景色が楽しめ、子供用アメニティや貸し出し備品も豊富です。新しくリニューアルされたお部屋はとても快適でした。

子供連れに優しいレストラン

セイルフィッシュカフェのステージ

ルネッサンスリゾートオキナワでは、2022年1月1日~10月31日の期間中、ホテル宿泊者向けに滞在中3~12歳子供の食事を無料で提供しているようです。各レストランでお子様定食やキッズディナーが無料なのは嬉しいですね。

また、私達も宿泊したのとは別日に、セイルフィッシュカフェのランチを0歳の娘と利用しましたが、無料で離乳食(お粥と刻み野菜のスープ)を用意してくださいました。もちろんベビーチェアなどもあり、周りもお子様連ればかりだったので、気兼ねなく利用できました。

レストランから一番近い、ロビーにあるお手洗いにも綺麗なおむつ替え台もあります。

さや
さや

詳しいホテル宿泊記はここからチェック↓

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ

部屋からの景色
子連れにおすすめなポイント
  • ホテル館内にキッズスペースがたくさんある
  • 全長170mの沖縄県内最大級のプール
  • ウォータースライダーや子供用プールにすべり台あり
  • レストラン「クワッチー」は子供連れでも利用しやすい

次におすすめするホテルは、名護市にある『オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ』です。『オキナワマリオットリゾート&スパ』が2021年10月に『オリエンタルホテル』としてリブランドし、オープンした翌月の11月に生後4ヵ月の娘と宿泊しました。

私達が宿泊した際は、グランドリニューアル前でしたが、現在はロビーやプールなどもリニューアルされ、雰囲気がガラッと変わりました。

ホテル館内のベビースペース

ホテル内には何ヵ所かベビースペースがあります。木を使ったナチュラルなおもちゃや家具が可愛い。フロント横の化粧室にはおむつ台と授乳ができるソファーがあるのでレストラン利用時や、チェックイン&アウト前後に便利です。

1Fのプール横にあるベビースペース
レストラン前のベビースペース

レストランの前や、ロビーのフロント近くにもベビースペースがあるので、チェックインの待ち時間やレストラン利用時にも遊ばせることができます。私達が宿泊したときは、まだ娘が4ヵ月だったので利用していませんが、夕食時はレストランでぐずり始めた子が何人かここで遊んでいました。

お部屋ではあまり遊べないので、ホテル内にベビースペースがあると、まだ歩けない赤ちゃんでもハイハイしたり動きまわれるのが嬉しいですね。

子供用貸し出し備品

ミニサイズのベビーベッド

オリエンタルホテル沖縄は子供用の貸し出し備品も豊富です。

  • 子ども用おねしょパッド
  • プレーヤード
  • 木製ベビーベッド
  • ベビーバス
  • 湯温計
  • 子ども用便座
  • 子ども用踏み台
  • 子ども用スリッパ、歯ブラシ
  • 滑り止めマット
  • オムツペール
  • ベビーカー
ベビーバス

ホテル自体は古く、客室も少し古さを感じますが、バスルームは広々としていて洗い場スペースも少しあるので赤ちゃんとのお風呂も問題なかったです。

全長170mの沖縄県内最大級のプール

写真はオフシーズン

オリエンタルホテル沖縄の魅力は県内最大級の、このプール。ガーデンプールには6つのプールキッズプールが完備されています。ホテルは海沿いではないので、ビーチで遊ぶには移動する必要がありますが、プールで遊ぶには十分の広さです。

また、プールも2022年3月にグランドリニューアルされていて、ファミリーで利用できるカーテン付きのカバナなどもできました。

インドアプール

アウトドアプール

  • 47.5mのロングウォータースライダーあり
  • キッズプール(深さ80cm)にはすべり台
  • 年齢に合わせた遊び道具を使えるアクティビティあり

インドアプール

  • 20m×3コース(水深1.4m)と10m×4m(水深1.2m)
  • 水泳練習ができる

レストラン「クワッチー」

レストランのベビーカー

レストランもソファ席でお願いしましたが、夕食時や朝食時もすぐにベビーカーを持ってきてくださいました。混雑時は数に限りがあると思うので、利用する場合は予約時に伝えておくといいかもしれません。

また、ホテルで無料レンタルできるAB型ベビーカーは、滞在中ホテル館外へ持っていくことも可能です。宿泊時に必要な場合は事前にお願いしておきましょう。

ブッフェ&グリル クワッチー “QWACHI”は、ソファー席もあり、店内も広々としているのでお子様連れでも利用しやすかったです。スタッフの方はベビーカーの他にもソファで寝転がれるようにバスタオルもすぐ持ってきてくださいました。

お子様連れの利用も多いレストランなので、気軽に利用できます。

さや
さや

詳しいホテル宿泊記はここからチェック↓

シェラトン沖縄サンマリーナリゾート

子連れにおすすめなポイント
  • ロビーはまるで水族館!?
  • ロビーのプロジェクションマッピングは毎日上映
  • キッズプレイルームや卓球台など充実した設備
  • 海上ジップラインなどのアクティビティが豊富
  • プライベートビーチがある

沖縄県恩納村にあるシェラトン沖縄サンマリーナリゾートは、沖縄移住する少し前の2020年9月に宿泊しました。ルネッサンスリゾートオキナワと同じ、マリオット系列のホテルです。

ロビーが水族館!?

ロビーに入ってすぐに感じたのは水の音。ロビーの中央にはがあり、カラフルな魚が沖縄の魚がたくさん泳いでいます。ダイビングや水族館が大好きなので、ホテルのロビーにいる魚たちにテンションがあがりまくり!子供も喜ぶこと間違いなしです。

カサゴやイラブチャーも

水槽ではなく広い池を泳ぐ魚たちは気持ちよさそうでした。

大きなエイまで!
手前のフグ大きい~

ロビーのプロジェクションマッピング

シェラトン沖縄では、この開放的な吹き抜けのロビーを利用して、季節にあわせたプロジェクションマッピングを上映しています。

寝そべれるようなソファーもあるので、寝転がって見上げることもできます。音楽と光のコラボレーション。結構迫力もあったし、お子様も喜びそう!

また、シーズンによってはフラダンスなどのイベントをロビーで行っているときもあります。

充実した設備

ホテルにはキッズプレイエリアや卓球、ビリヤードなども24時間無料で利用でき、ファミリーでも楽しめるエリアが充実しています。

メインタワー1階にある、キッズプレイエリアは、ボールプールやジャングルジムなどがあり、親子で一緒に利用でき、安全に遊ぶことができます。また、同じメインタワーにはゲーム(PlayStation4 6台)で遊ぶことができるエリアもありました。

インドアアクティビティ
  • ウォール・オブ・エクスプレッション(壁に落書きができる)
  • シェラトンストリートピアノ
  • カラオケ
  • ゲームルーム あしびなー(卓球、ビリヤード、ダーツ)
  • キッズプレイエリア ザ・コーブ
  • インターネット&ゲーム
  • 手作り工房(シーサーやアートなど)

プールと屋外アクティビティ

シェラトン沖縄は、ホテル館内の施設だけでなく、プールや屋外アクティビティも充実しています。ちょうど部屋から見えたこの大きな施設が、インドアプール&フィットネスジムでその奥にアウトドアプールがあります。

湿気でレンズが曇った

アウトドアプール

  • ”ザ・トルネード” 全長83mのロングスライダー(120cm以上)
  • ”ザ・ツイスター” 全長31mのウォータースライダー
  • 水深30cmのキッズプール
  • 年齢に合わせた遊び道具を使えるアクティビティあり

インドアプール

  • 水深1.2mのプールと、キッズプール完備
  • ジェット噴流バス

私達が利用したときも、たくさんの子供たちが楽しそうにウォータースライダーで遊んでいました。ルネッサンスリゾートオキナワやオリエンタルホテル沖縄よりも浅い、水深30cmのキッズプールもあります。

そして、シェラトン沖縄で有名なアクティビティは『メガジップ』!全長約250mの海上を滑走するジップラインがあるんです。

宿泊者は1,320円(2022年5月現在)で利用できます。スタッフの方がドローン撮影の練習をしていました。こんな綺麗な海上でジップラインができて、尚且つドローン撮影で記念に残すのもいいですよね。

ビジターもできるようなので、機会があればチャレンジしてみます。

屋外プールからすぐのサンマリーナビーチは、遠浅で綺麗です。環境省の令和元年度 水質調査で最高ランクの「AA」判定されているようです。この日は台風の影響で風が強く、立ち入り禁止でしたが、海上遊歩道もあります。

小さな子供でも安心して遊べるビーチです。

客室のバスルームも全室洗い場つきなので、ビーチやプールで遊んだあともお子様と一緒にシャワーが浴びやすそうですした。

洗い場付き
さや
さや

詳しいホテル宿泊記はここからチェック↓

ホテルモントレ沖縄

子連れにおすすめなポイント
  • ホテルを出るとすぐにビーチ
  • プールの子供向けエリアが大人気
  • 0歳~1歳の子供向け「ベビーコーナー」
  • 2歳~5歳の子供向け「キッズコーナー」

ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾートはせっかく沖縄に行くなら『綺麗な海が目の前のホテルに泊まりたい』という方におすすめの、部屋からのオーシャンビューが最高なホテルでした。子供に人気のプールや、キッズルームも充実しています。

ホテルの目の前がビーチ

ホテルモントレ沖縄は、ホテルから一歩でるとすぐ目の前がビーチです。たくさんの荷物を持って移動しなくていいし、すぐに海へ行くことができるのがおすすめポイントです。

遊泳シーズンが始まった直後で、まだ泳いでいる人はいませんでしたが、ビーチで遊んでいるファミリーも何組かいました。

モアナみたいな女の子がかわいい
客室から見たビーチ

この日は天気も良く、最上階のお部屋からみえる景色も最高でした。

ガーデンプール

まだプールはシーズンではなかったので入っていませんが、モントレ沖縄のプールは子供向けのエリアが大人気のよう。バブルヒルプールや、沖縄では珍しい波のプールもあります。

アウトドアプール

  • バブルヒルプール … 水が噴射されるドーム型すべり台
  • ウェイブプール(波のプール)
  • キッズ用スライダー付プール(水深60cm)

インドアプール

  • 「ブルーリーフ」施設内
  • すべり台付のキッズプール(水深60cm)

アウトドアプールのあるエリアは「サンセットガーデン」というだけあって、夕陽も綺麗で、ガーデンにはちょっとした植物園と、ヒトデやナマコが触れるコーナーもありました。

雨の日でも思いきり遊べるベビーコーナー

0歳から1歳児向けのベビーコーナーと、2歳から5歳児向けのキッズコーナーが分かれて用意されています。ベビーコーナーには小さな遊具やおもちゃ、絵本があり、キッズコーナーにはボールプールやすべり台、お絵かきボードなどが完備されています。

年齢で分かれてるので、小さなお子様がいても安心して遊ぶことができます。

ベビーコーナーとキッズコーナーの詳細は公式ホームページより↓

【公式】小さなお子様が遊べる「ベビー&キッズコーナー」雨の日でも安心!|ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート|恩納村(沖縄県)ホテル
小さなお子様が遊べる「ベビー&キッズコーナー」雨の日でも安心!。ブリティッシュコロニアルをベースとし、ホテルモントレシリーズのデザインテイストを汲んだ欧風スタイルを内外に展開。非日常空間を提供いたします。
さや
さや

詳しいホテル宿泊記はここからチェック↓

ロワジールテラス&ヴィラズ古宇利

子連れにおすすめなポイント
  • 100㎡以上あるコンドミニアムのお部屋はファミリーに最適
  • 客室に畳スペースあり
  • ビーチまでもトゥクトゥクで送迎
  • キッズルームや、畳のラウンジあり

ロワジール テラス&ヴィラズ 古宇利は、2021年7月オープンしたばかりのホテルで、娘が生後7ヵ月の時に宿泊しました。100㎡以上あるコンドミニアムのお部屋は快適で景色も良く、8名まで宿泊できるので、ファミリーやグループでの宿泊におすすめです。

100㎡以上あるコンドミニアム

リビングダイニング

テラス棟とヴィラ棟に分かれていますが、私達が宿泊したテラス棟3階に位置する『コンドスイートオーシャンビュー』は、リビング&ダイニング完備で106㎡あるお部屋です。最大8名まで宿泊できます。

小上がりの畳スペースが子連れには嬉しいポイントです。今回は大人5名+添い寝で予約していたので、和寝具が1枚用意されていました。8名で宿泊する際はここに和寝具(1000mm)が4組敷けるようです。

おもちゃと本は持参したもの

一般的なホテルだと、靴のまま入室するのでベッドやソファー以外に寝転ぶことができませんが、畳スペースがあると、ネンネ期やハイハイをする赤ちゃんもごろーんとできるので嬉しいです。貸出用のベビーベッドもありますが、畳に布団なら高さのあるベッドに赤ちゃんを寝せるのにも安心ですね。

部屋に入ってすぐ右には、独立した寝室もあります。ドアを閉めることができるので、プライバシーもあって、グループでの宿泊にもおすすめなポイントのひとつです。娘も朝寝の時間はここで寝ていました。

また、バスルームは客室に2か所あり、バスタブ付きの方のバスルームは洗い場も明るくて広めです。コンドミニアムなので、洗濯乾燥機が部屋にあるのも子連れには助かります。

ホテルのプールとビーチへの送迎

上記で紹介した他のホテルのように大きなリゾートホテルではなく、全44室のスモールリゾートなので、ホテルの施設自体はそこまで大きくないです。プールはアウトドアプールが1か所あります。

ヴィラタイプの客室ならお部屋からそのままインフィニティプールへ行くこともできます。

ホテルからビーチは少し離れていますが、トゥクトゥクで近くの古宇利ビーチまで無料送迎があるので、お子様連れでも楽に移動できます。

ホテルエントランス

キッズルームとラウンジ

お子様連れに嬉しいキッズルーム。比較的小規模のホテルですが、キッズルームがあるのは嬉しいですね。アンパンマン系の遊具がたくさんありました。

娘は喜ぶかと思いきや、ご機嫌ななめでギャン泣きでした(笑)

またロビーの隣にあるラウンジスペースはフルオープンで、ソファーのスペースと畳のスペースがあり、大人からお子様連れまでゆっくりできます。

さや
さや

詳しいホテル宿泊記はここからチェック↓

沖縄行きの航空券予約

ソラシドエアの機内からみた沖縄

沖縄への航空券はソラシドエアで購入するのがおすすめ。私たちはよくジェットスターやPeachなどのLCCも利用しますが、無料持ち込み荷物の制限があるのでいつもギリギリでした。 ソラシドエア ならANAと同じようなサービスが受けられ、機内持ち込み荷物なら10kgまで1人1個無料、受託手荷物も20kgまで無料なので荷物を気にせず旅行ができます。

早めに予約すれば沖縄(那覇)行きが片道6,600円から予約できます。LCCの手数料を考えると同じくらいの値段で航空券が購入できるので一度料金を調べてみてください!

東京(羽田)-沖縄(那覇)3往復  6便/日
沖縄(那覇)-宮崎1往復  2便/日
沖縄(那覇)-鹿児島2往復  4便/日
沖縄(那覇)-神戸3往復  6便/日
沖縄(那覇)-名古屋(中部)1往復  2便/日
沖縄(那覇)-石垣3往復  6便/日
沖縄(那覇)-福岡1往復  2便/日
ソラシドエアの就航路線 2021年8月現在

まとめ

ロワジールテラス&ヴィラズ古宇利

今回は、子連れでの沖縄本島でおすすめなホテル5選を紹介しました。どのホテルもお子様連れで楽しめる工夫がたくさんあり、喜んでもらえること間違いなしです。アクティビティが多いホテルは、また娘が少し大きくなったら連れてってみたいと思います。

今回紹介したホテル以外にも宿泊記をいくつか紹介しているので、是非ホテル選びの参考にしてみてください。

Instagramでは沖縄のおすすめを発信してます
Profile
きりさや夫婦

はいさい~! 夫の『きり』と妻の『さや』と申します。
2人ともホテルマンで、将来は沖縄に小さなホテルをオープンすることが夢です。大好きな沖縄に保護猫2匹と移住をし、刺激的で楽しい毎日を送っています。
詳細なプロフィールは↑のリンクから

きりさや夫婦をフォローする
スポンサーリンク
シェアする
きりさや夫婦をフォローする
おもてなシーサー

コメント

タイトルとURLをコピーしました