ホテルマンの宿泊記ブログ『オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ』マリオットからリブランド後の宿泊【子連れ】

ホテル宿泊記
ホテル宿泊記
さや
さや

はいたい~さやです

今回は、沖縄移住したホテルマン夫婦が宿泊した、沖縄県名護市にある『オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ』を紹介します。『オキナワマリオットリゾート&スパ』が2021年10月に『オリエンタルホテル』としてリブランドし、オープンした翌月の11月に宿泊しました。

コロナ禍の観光支援として、名護市が行っていた7515キャンペーンを利用し、じゃらんから予約したのでかなりお値打ちに泊まることができ大満足でした。

数年前にマリオットだった頃にも宿泊したので、ホテル自体には二度目の宿泊です。ほとんどマリオットの頃と変わらないですが、レストランがリニューアルしてから初めて訪れたのでホテルでの食事も楽しむことができました。

泊まったことのある沖縄西海岸のホテル
きり
きり

各宿泊記はリンクからcheck!

マリオットの頃に比べるとだいぶお値打ちになっている印象なので、お得にリゾートホテルを満喫できておすすめです。宿泊を予定している方、これから予約しようとされている方の参考になれば嬉しいです。

ホテル概要

オキナワマリオットリゾート&スパとして2005年に開業し、2021年10月にオリエンタルホテル沖縄リゾート&スパとして、マリオットからオリエンタルホテルへリブランドしました。建物や客室は少し古さを感じますが、レストラン ブッフェ&グリル クワッチーBuffet & Grill QWACHI は2019年7月にリニューアルしています。

規模 地上15階建
(総敷地面積 49,148m²、総延床面積 39,821m²)
総客室数361室(最大収容人数 1,188名)
駐車場 298台
有料(1滞在、1台につき1,000円、電気自動車充電1回500円)
レストラン
  • ブッフェ&グリル クワッチーBuffet & Grill QWACHI

  • 沖縄焼肉 琉仙Okina
  • ラウンジ&バー
  • ロビーラウンジ 海音Lobby Lounge Kanon

  • プールサイドバー(季節営業)
  • 宴会場・会議施設 3室(148m²~456m²)
    公式ホームページより https://okinawa.oriental-hotels.com/about/

    チェックイン

    私達夫婦はうるま市に住んでいるので、オリエンタルホテル沖縄までは車で30分かからないくらい。駐車場無料のプランでしたが、通常は1滞在につき1台1000円です。

    正面のホテルロゴ

    オリエンタルホテル沖縄はブセナテラスと反対側の道を上って行き、右側に進むと到着します。左に見えてくるのはザ・リッツカールトン沖縄です。坂を上っていく入り口などの大きな看板も全てマリオットからオリエンタルホテルに替わっていました。

    ホテルの正面玄関 外壁工事中でした
    Before → After

    正面玄関の看板はもちろん、上部にあった大きなマリオットのロゴもなくなっていました。

    15時過ぎだったので通常ならチェックインで忙しい時間ではありますが、コロナの影響とリブランドの影響でこの日はかなり落ち着いた印象。到着時ドアマンとベルスタッフもほとんどいませんでした。

    世界最大のチェーンであるマリオットのブランド力と会員制度は強いので、オリエンタルホテルに変わると宿泊客は少し減るような気がしてしまいますが、オンシーズンになりコロナも落ち着いたころには活気に溢れるはず。

    フロントカウンター横のコンシェルジュデスク

    フロントでのチェックインはさらっと終わりました。以前マリオットへ宿泊したときは、かなり丁寧にホテルの案内をしてくださったので、今回はコロナ禍で館内の説明やお部屋までのアテンドは省いているのだと思います。

    ロビー

    ロビーは明るい日中は天井から光が入って解放感があります。

    さや
    さや

    わかりやすく言うとルーブル美術館みたいな感じ(笑)

    別日に訪れたときは、神奈川からの修学旅行生が300人ほど宿泊していて、ロビーも賑やかでした。コロナも落ち着いてやっと通常の沖縄が戻りつつある感じがして嬉しいです。

    ロビーを後にして、客室に向かいました。廊下からはリッツカールトン沖縄が見えます。

    エグゼクティブルーム

    オリエンタルホテル沖縄のルームキー
    ちなみに…

    マリオットだった頃のルームキーはこれ↓

    今回は7515キャンペーンで宿泊したので、予約はスーペリアルームのお部屋でしたが、訳あって最上階のエグゼクティブルームのお部屋にアップグレードしてくださいました。

    エグゼクティブツインルーム

    以前宿泊したスーペリアルームも、インテリアは少し違いますがお部屋の広さやレイアウトは同じです。部屋の広さは44~46㎡で、エグゼクティブフロアは14F~15Fに位置しており、このフロアのみエレベーターでルームキーのセキュリティが必要でした。

    オリエンタルホテル沖縄はサンルームが特徴的。

    広めのバルコニーとサンルーム

    バルコニーにある木のベンチやサンルームのソファでゆっくり過ごすのが最高です。11月でもサンルームを開けていると西日で部屋が暑かったので、暑い日の外出時はカーテンを閉めておいた方がよさそうでした。

    部屋からの景色

    チェックイン後の部屋からの景色

    お部屋から見える海は西海岸なので、日が傾き始めると海が少し白っぽく見えてしまいますが、夕陽を見るにはベストな部屋の向きです。この日は雲に隠れてしまいましたが、綺麗な夕焼けをみることができました。

    沖縄のホテルに泊まる際は、その日の日没時間を調べて、どこで夕陽を見るかプランをたてるのがおすすめです。せっかく綺麗な夕陽が見れそうなのに、夕食予約してた!ってなったらもったいないです。もちろん夕陽が見えるホテルのレストランなら日没時間に合わせて予約しましょう。

    オリエンタルホテル沖縄から見る夕陽

    海が青く綺麗に見えるのは、朝日が昇ってからお昼くらいまでかな?

    朝起きてカーテン開けたらこの絶景!
    朝の景色

    これは最上階から撮った写真ですが、下の階でも遮るものがないのでそんなに景色の見え方は変わらなかったです。

    バスルームとアメニティー

    トイレバスは分かれてはいませんが、バスルームは広めです。大きなバスタブとシャワーブースがあり、ベーシンも広めで椅子までついています。

    ゆったりした大き目のバスタブ

    バスアメニティー

    エグゼクティブフロアのアメニティーです。

    2種類の入浴剤
    入浴剤やバスソルトがあるのが嬉しい
    シャンプーコンディショナー

    シャンプー&コンディショナーは備え付けのディスペンサーでした。今後SDGsが世界中に広がり、持ち帰りのできる個別アメニティーから備え付けになるホテルが多い予感。ホテル業界でもそういった動きがあるようです。

    マリオットの時のアメニティーはTHANNで、アメニティーは箱にセットされていました。

    スーペリアルームのアメニティー

    丁度私達が宿泊した後に、実家の家族がスーペリアルームに宿泊したのでアメニティーを比べてみました。入浴剤や髭剃り、マウスウォッシュはエグゼクティブフロアのみのセットのようです。

    スーペリアルームのシャンプー&コンディショナーは以前は個別ボトルのTHANNでしたが、ディスペンサーに変わっていました。使っていないので分かりませんが中身は同じかな?

    客室設備

    パジャマは上下分かれているタイプ。アイロンや体重計もクローゼットにありました。

    無料のお水は以前はペットボトルだったと思うけど、缶に変わってたのが残念。ホテルのお水は次の日でかける時に持っていくことが多いので、やっぱりペットボトルの方が嬉しいです。

    他の階には製氷機がありましたが、15階にはなくラウンジのある14階にあるようです。今回お部屋だけのアップグレードなのでラウンジは利用していませんが、どんな感じか気になります。

    オリエンタルホテル沖縄は子連れにおすすめ

    私達は生後4ヵ月の赤ちゃんと宿泊したので、事前に添い寝がいる旨を電話で伝えると、ベビーベッドやベビーバス、ベビーカー貸出などの提案をしてくださいました。

    ミニサイズのベビーベッド

    普段家でも娘はベビーベッドで寝ているので用意してもらいました。タオルも多めにセットしてあって助かります。

    ベビーバス

    蓋つきのおむつゴミ箱もお部屋にセットしてくださいました。

    ホテル内のベビースペースとベビーカー

    ホテル内には何ヵ所かベビースペースがありました。フロント横の化粧室にはおむつ台と授乳ができるソファーがあるのでレストラン利用時や、チェックイン&アウト前後に便利です。

    1Fのプール横にあるベビースペース
    レストラン前のベビースペース

    レストランの前や、ロビーのフロント近くにもベビースペースがあるので、チェックインの待ち時間やレストラン利用時にも遊ばせることができます。まだ4ヵ月なので利用していませんが、夕食時はレストランでぐずり始めた子が何人かここで遊んでいました。

    レストランのベビーカー

    レストランもソファ席でお願いしましたが、夕食時や朝食時もすぐにベビーカーを持ってきてくださいました。混雑時は数に限りがあると思うので、利用する場合は予約時に伝えておくといいかもしれません。

    プールとフィットネスジム

    オリエンタルホテル沖縄はプールやスパなどの施設も充実しています。

    • ガーデンプール
    • インドアプール
    • フィットネスジム
    • スパ
    • ショップ3か所、ビジネスセンター

    ガーデンプール

    オリエンタルホテル沖縄のプールは、沖縄県内最大級で全長170mあり、スライダーやお子様プールもあります。遊泳期間は3月下旬から10月下旬まで。ビーチまでは車で移動する距離ですが、プールが広いのでここで十分満喫できそうです。

    プールの中のBARがかわいい

    インドアプールとフィットネスジム

    20mあるインドアプールは通年で利用でき、宿泊者は無料です。本当はプールも入りたかったのですが、娘を交代で見る必要があったので今回は諦めました。娘と一緒に入れるようになるのが楽しみです。

    元マリオットだけあって、フィットネスジムも充実しています。ジムは無料で24時間利用できます。

    スパ

    私達は利用していませんが、後日宿泊した家族はスパへも行ったそうですごく良かったとのことでした。スパは有料で、大人は1日利用1,500円です。

    スパの近くにはランドリーコーナーもあるので、滞在中に洗濯がしたい場合は便利です。

    ブッフェ&グリル クワッチー “QWACHI”での夕食

    レストランの入り口

    今回は夕食付のプランで予約したので、ホテル内のブッフェレストラン『QWACHI』でディナーをしました。夕食券に、予約要とあったのでチェックイン後に電話して予約。

    マリオットだった2019年にこのレストランもリニューアルしているので、以前とはだいぶ違った印象です。

    入り口入って手前のエリアではなく、レストランの奥のカウンターで受付をしいました。スタッフの方の対応もとても良くて、すぐにベビーカーを持ってきてくださったり、ソファに寝かせる用のバスタオルもさっと渡してくださいました。

    さや
    さや

    優しい…

    できるホテルマン。

    店内の雰囲気は以前とまったく違い、「あれ?前どんなんだったっけ?」てなるくらいお洒落になっていました。

    前は手前のエリアにもブッフェ台が並んでいて、この広いスペースはちょっとビニールハウスみたいな感じだった気がする(失礼)。

    照明もかわいい

    ソフトドリンクはブッフェに無料でついていますが、アルコールは有料です。飲み放題プランもありました。やっとコロナのアルコール提供がリリースされたので、お酒を飲んでいる方がたくさんいました。

    入店時は空いていましたが、平日の夜でも結構賑わっていたので早めに希望の時間を予約しておいたほうがよさそうです。

    ブッフェの内容

    琉球おばんざい

    このおばんざいコーナーにある、ジーマーミ豆腐ともずくが美味しかったです。沖縄料理がたくさんあって嬉しい。

    ジャムも、シークワーサーや紅芋で、ぬちまーすバターもあって沖縄っぽい。

    日替わりパフォーマンスステーション

    シェフがいるパフォーマンスステーションは日替わりのようです。

    •  オリジナル北京ダック 島野菜と薄皮包
    •  しゃぶしゃぶ
    •  ローストポーク特製クリームソース
    •  本格叉焼のパオバーガー
    •  ちらし寿司
    •  海老の南国マヨネーズソース
    •  ローストビーフ

    この日はローストポークでしたが、柔らかくて美味しかった。何度もおかわりに行きました。

    デザートコーナー

    デザートも種類が豊富。写真には写ってないですが、ブルーシールアイスも食べ放題です。確か6種類くらいありました。

    リニューアル前は洋食が多いイメージでしたが、お店の名前がクワッチー(沖縄でごちそうの意味)だけあって沖縄料理やアジアン料理がたくさんあり、お皿も可愛くなってました。今回の期間が”ぬちぐすい(命の薬)キュイジーヌ”だったのもあるかもしれません。

    リニューアル前のブッフェ

    前もディナーブッフェは美味しかったので期待していましたが、ホテルブッフェにしてはお値打ちでこの内容には満足でした。

    料金:大人4,500円

    小人(7~12歳)2,100円

    幼児(3〜6歳)1,050円 2歳以下無料

    オリエンタルホテル沖縄の朝食

    スムージー

    朝食会場も夕食と同じブッフェレストラン『クワッチー』です。コロナ禍もあってか、ブッフェ台の料理はほぼ全部蓋がついていたので写真が撮れませんでした。

    ホテルメイドのパンコーナー

    前回泊まったとき、沖縄マリオットの朝食が種類も多くてすごく気に入った覚えがあったので、夕食同様期待していましたが、正直リニューアル前の方が種類も多くてよかった気がします。前は、きりさんはお隣のリッツカールトン沖縄の朝食より気に入ってたくらいでした。

    エッグベネディクト

    エッグステーションでは、オムレツだけでなく、エッグベネディクトやオリエンタルバーガーも作ってくれます。

    きり
    きり

    前はマリオットバーガーだったかな?

    朝からたくさん頂いてお腹いっぱいになりました。朝もブルシールアイスが食べれるのでお子様連れには嬉しいですね。

    アクセス

    〒905-0026 沖縄県名護市喜瀬1490-1

    那覇空港より沖縄自動車道利用で約70分

    国道58号線経由で約90分

    オリエンタルホテル沖縄へはレンタカーで移動がおすすめです。レンタカー予約は比較サイト旅楽が便利。日時と場所を入力するだけで各社のレンタカーショップを検索してくれます。

    レンタカー予約は早ければ早い方がいいので、航空券をとったらすぐに予約しましょう。GWや夏休み、年末年始などの繁忙期はすぐにレンタカーがなくなってしまうこともあります。

    オリエンタルホテルの料金をチェック

    JTBのサイトでは、出発地とホテル名を入力するだけで、飛行機+ホテルを一括で探すことができます。飛行機もANA、JAL、Jetstarから選べるので便利↓

    まとめ

    今回は、沖縄県名護市にある『オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ』を紹介しました。私達はコロナ禍の観光支援で行っていた7515(名護いこ)キャンペーンで宿泊したので、なんとこの内容で実質支払いは1,000円ちょっと(朝夕付き)という信じられない価格でした。

    ここまでお得に泊まれることは滅多にないとは思いますが、2022年年明けにはGOTOトラベルも再開する予定なので、是非沖縄旅行の際の参考になれば嬉しいです。

    さや
    さや

    よかったら他のホテルの宿泊記も

    チェックしてみてください~!

    泊まったことのある沖縄西海岸のホテル
    Profile
    きりさや夫婦

    はいさい~!夫の『きり』と妻の『さや』と申します。
    2人とも現役ホテルマンで、将来は沖縄に小さなホテルをオープンすることが目標です。大好きな沖縄に保護猫2匹と移住をし、刺激的で楽しい毎日を送っています。
    詳細なプロフィールは↑のリンクから

    きりさや夫婦をフォローする
    スポンサーリンク
    シェアする
    きりさや夫婦をフォローする
    おもてなシーサー

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました