ホテルマンの宿泊記ブログ【カヌチャベイホテル&ヴィラズ】南国感溢れるカヌチャリゾートを満喫

ホテル宿泊記
ホテル宿泊記
さや
さや

はいたい~さや(@haisaisaya)です!

今回は沖縄移住した私が、本島から遊びに来ていた家族と宿泊した【カヌチャベイホテル&ヴィラズ】を紹介します。以前から気になっていたホテルでしたが、今回は沖縄県名護市が独自で行っていた、7515(なごいこ)キャンペーンを利用して、お得に宿泊できました。2023年1月の宿泊記です。

広大な敷地をレンタルカードで周るのも楽しく、どこか異国のリゾート地へ来たような、南国感の溢れるリゾートホテルでした。

POINT
  • 広大なホテルの敷地をレンタルカートで周るのが楽しい
  • 約80万坪の敷地内に9つの宿泊棟
  • 高台の敷地から望む絶景
  • ミキハウス認定のウェルカムベビーの宿
  • ゴルフ好き必見のリゾートホテル
  • 冬はイルミネーションも楽しめる

ホテル概要

名称カヌチャリゾート(カヌチャベイホテル&ヴィラズ/カヌチャゴルフコース)
Kanucha Resort,Kanucha Bay Hotel & Villas,Kanucha Golf Course
所在地〒905-2263
沖縄県名護市字安部156番地2
電話番号0570-018880(代表 2023/5/29~)
敷地面積約80万坪
※ホテルエリアの外周約3km、徒歩30~45分
レンタルカート(有料)・周回トロリーバス(無料)約15~20分
C/IN,OUTチェックイン14:00 、チェックアウト11:00
※チェックイン・チェックアウト日もビーチ、プールなどの施設利用可能
客室数全295室
レストラン和食レストラン 神着 / 広東名菜 龍宮 / カジュアルダイニング パラディ / ちゃんぷるーと沖縄そばの店 くすくす / バーベキューテラス クーワクーワ
カフェ・バーバーラウンジ カタラ / プールサイドバー(※夏季営業) / ビーチサイドテラス ラナイ(※夏季営業)
ショップカヌチャリアンショップ(複合型ショップ)/ベリー(マリングッズ)/みんみん(沖縄の民芸品)/noisy noisy by mieko uesako OUTLET Kanucha Shop(ゴルフウェア・グッズ)/プロショップ(ゴルフグッズ)

Instagramでも紹介しています

チェックイン

ホテル入り口のゲートには門番の方がいらっしゃるので、チェックインである旨を伝えるとフロントまでの行き方を教えてもらえました。フロント棟の正面玄関に車をとめて荷物を降ろし、指示された駐車場に車をとめてチェックインをします。

カヌチャリゾートは1997年開業で、ところどころに古さは感じますが、それもまた昔からある海外のリゾート地へ来たような雰囲気でわくわくしました。

ロビーはそこまで広くありませんが、待合のソファスペースや、同じ建物にレストランなども併設されています。

フロントのあるロビーにはテラスもあり、東海岸の綺麗な海を一望できます。沖縄のリゾートホテルの多くは西海岸に建設されているので、沖縄北部の東海岸の大型ホテルは貴重です。

チェックイン時は曇っていましたが、翌朝は晴れて青く綺麗な海が見えました。

夜の雰囲気も良い感じです↓

チェックインは丁寧にホテル施設の案内をしてくださり、キャンペーンのクーポンや、子供用のアメニティー、今回はイルミネーションの期間中だったので、イルミネーションのグッズ(メガネやツリーにかけるオーナメント)を頂きました。

また今回のプランはレンタルカート付きのプランだったので、運転する人の免許証提示とサインも必要でした。

レンタルカート

チェックインをしたらレンタルカートの鍵を受け取り、客室のある棟までは車で先導してもらえました。

さや
さや

ベルやドアマン大変そう…

ホテルマン目線でみると、部屋までの移動がカートや車なのはアテンドやデリバリー大変そうとしか思いませんが、カートでの移動はテンションあがります。

レンタルカートのみで申し込むと結構高いので、お値打ちなプランがあれば『レンタルカート付き』のプランにするのがおすすめです。

定員5名
料金(税込)1時間:1,100円
2時間:1,650円
24時間:5,500円
1時間延長:550円
レンタルカート料金 2023年5月時点
トロリーバス

ホテル敷地はかなり広く、ビーチやレストラン、ショップへ行くのもカートがないと徒歩では結構な距離を歩くことになります。あまり日中にホテルで過ごさないようなら、敷地内には無料のトロリーバスも走っているので、レンタルカートなしでもいいかもしれません。

9つの宿泊棟

パームタワーズ

カヌチャリゾートの広大な敷地には9つの宿泊棟があります。沖縄本島にある大型のリゾートホテルでも、ここまで個性豊かな宿泊棟が建つホテルはカヌチャリゾートならではの魅力だと思います。

さや
さや

今回宿泊したのはノースウイングです

ノースウィング・7タイプの客室
・センターエリアに位置する
・ファミリーやカップル、グループ旅行に最適
サウスウィング・ゴルフコースが目の前に広がるグリーンビュー
・レストランやスパ、ショップが近い
・お子様連れやグループ旅行におすすめ
アゼリア・ホテルフロントに隣接
・全室オーシャンビュー「アゼリアスイート」あり
・ゴルファーに特におすすめの宿泊棟
オーキッド・ビーチエリアへのアクセスのよい
・全室オーシャンビューの客室
・バルコニーにジェットバスあり
・バリアフリーの客室あり
ジャスミン・ゴルフコースと大浦湾を望むエリア
・和室を備える客室とジェットバスのあるバルコニー
・約100㎡の広々とした客室
・3世代ファミリーやグループ旅行での宿泊におすすめ
マグノリア・センターエリアから離れ、落ち着いた雰囲気が魅力のエリア
・遊び、仕事、癒しの機能が充実
・ゴルフコースと海を望む景観
・バルコニーにはジェットバス、室内にはバーカウンター
パームタワーズ・カヌチャ内唯一の高層階の宿泊棟
・カヌチャと周辺の景色を一望
・スイートクラスの設備
ニューコテージ・センターエリアに位置する、宿泊棟から独立したコテージ
・各施設へのアクセスに便利
・約95㎡の客室で、沖縄の伝統的な建築様式が魅力
・最大12名まで宿泊可、3世代家族やグループにおすすめ
アビアンビーチサイドコテージ・4室からなる最も海に近いコテージ
・カヌチャの中でも最高級ランクに位置する
・宿泊者専用のプライベートプール

客室一覧

エグゼクティブツインルーム

ホテル公式ホームページを参考に、客室一覧をまとめました。

さや
さや

エグゼクティブツインに宿泊したよ~!

客室定員宿泊棟・広さ備考
スタンダードツイン
4名ノースウィング
客室52m²+バルコニー26m²
・ダブル(140×200cm)2台
 スタッキングベット(120×200cm)2台
・ベッド壁寄せ可
デラックスツイン
6名ノースウィング
客室65m²+バルコニー32m²
・ダブル(140×200cm)2台
 デイベッド(120×200cm)2台
 スタッキングベット(120×200cm)2台
・ワイドバスタブ
エグゼクティブツイン
4名ノースウィング
客室65m²+バルコニー32m²
・ダブル(140×200cm)2台
 デイベッド(120×200cm)2台
・ワイドバスタブ、天蓋付きベッド
デラックスファミリー
6名ノースウィング
客室66m²+バルコニー32m²
・ダブル(140×200cm)2台
 デイベッド(120×200cm)1台
 布団(100×195cm)3組
・和室を備えた大型ルーム
・バルコニーにジェットバス
カヌチャジュニアスイート
3名ノースウィング
客室52m² + バルコニー26m²
・ダブル(140×200cm)2台
 デイベッド(200×200cm)1台
・バルコニーにジェットバス
・天蓋付きベッド
カヌチャスイート
6名サウスウィング
客室65m² + バルコニー24m²
・セミダブル(120×200cm)4台
 もしくはダブル(140×200cm)2台
・ベッド壁寄せ可
ロイヤルスイート2名ノースウィング
客室130m² + バルコニー97m²
・キング(200×215cm)1台
・プレミアムサービス付き
・天蓋付きベッド
・室内外のジェットバス
ギャラリーツイン6名サウスウィング
客室65m² + バルコニー24m²
・セミダブル(120×200cm)4台
 もしくはダブル(140×200cm)2台
・ベッド壁寄せ可
アゼリアスイート
4名アゼリア
客室53m² + バルコニー12m²
・セミダブル(120×200cm)2台
 デイベッド(100×200cm)2台
・オーシャンビューのビューバス
・天蓋付きベッド
オーキッド
4名オーキッド
客室50m² + バルコニー21m²
・セミダブル(120×200cm)2台
・オーシャンビューのジェットバス
・バリアフリールームあり
・コネクティングルームあり
ジャスミン
6名ジャスミン
客室82m² + バルコニー22m²
・セミダブル(120×200cm)2台
 デイベッド(100×200cm)1台
 布団(100×195cm)3組
・オープンジェットバスや展望風呂
・畳の和室スペース
マグノリア
4名マグノリア
客室64m² + バルコニー22m²
・ダブル(140×200cm)2台
 ソファベッド(140×200cm)2台
・バルコニーにジェットバス
パームタワーズ
4名パームタワーズ(1〜6F)
客室66m² + バルコニー33m²
・ダブル(140×200cm)2台
 デイベッド(120×200cm)2台
・プレミアムサービス付き
・スイートクラスの客室
パームエグゼクティブツイン
4名パームタワーズ(7〜8F)
客室66m² + バルコニー33m²
・ダブル(140×200cm)2台
 デイベッド(120×200cm)2台
・プレミアムサービス付き
・グレードアップアメニティ
・上層階のスイートクラスの全8室
ニューコテージ12名ニューコテージ
客室96m²
・布団(100×195cm)12組
・12畳の広々とした和室を2室
アビアンビーチサイドコテージ
1F-A
2名アビアンビーチサイドコテージ
客室61m² + バルコニー25m²
・ダブル(140×200cm)2台
・プレミアムサービス付き
・コテージ共有プライベートプール
アビアンビーチサイドコテージ
1F-B
2名アビアンビーチサイドコテージ
客室69m² + バルコニー45m²
・ダブル(140×200cm)2台
・プレミアムサービス付き
・コテージ共有プライベートプール
アビアンビーチサイドコテージ
2F-A
4名アビアンビーチサイドコテージ
客室97m² + バルコニー54m²
・ダブル(140×200cm)2台
・プレミアムサービス付き
・コテージ共有プライベートプール
・大理石でオーシャンビューのバス
アビアンビーチサイドコテージ
2F-B
4名アビアンビーチサイドコテージ
客室102m² + バルコニー62m²
・ダブル(140×200cm)2台
 天蓋付きデイベッド1台
・プレミアムサービス付き
・コテージ共有プライベートプール
画像引用:楽天トラベル

エグゼクティブツイン

今回は名護市のキャンペーンでの宿泊で、「お部屋は人数にあわせて用意」といプランでしたが、大人4名+添い寝1名での宿泊で、ノースウイングエグゼクティブツインというお部屋でした。

客室近くのカート駐車場にレンタルカートをとめ、2階のお部屋へ上がります。

カヌチャベイの客室はどこも広々していますが、エグゼクティブツインも客室65m²バルコニーが32m²もあり、解放感もある明るいお部屋です。

部屋には玄関もあり、靴を脱ぐスタイルなのも子連れには嬉しいポイント。

ベッドはダブル(140×200cm)2台とデイベッド(120×200cm)2台。手前にあるデイベッドは柵があり、ベッド同士をくっつけることができたので、1歳の娘と私はデイベッドで添い寝しました。

客室にセットされているアメニティや備品も充実しています。

電気ケトルだけでなく、ポットもセットされているのでミルクを作る場合にも楽そうです。アルコール除菌ウェットティッシュや除菌スプレー、金庫や空気清浄機もありました。

バストイレ別で、事前におむつゴミ箱がセットされているのも有難いです。

バスルームとアメニティー

ベーシンはダブルシンクで広々としています。人数分のタオルやアメニティが綺麗にセットされていました。

そして気になるバスルームは、入って思わず声が出たくらい広かった。洗い場に布団敷いたらここで寝れるよね?ってくらいの広さです(笑)

ベビーバスと、子供用の水遊びおもちゃまで用意してあるのはさすが「ウェルカムベビーの宿」。

チェックインの際に子供用のアメニティを手渡しで頂きましたが、お風呂にも同じアメニティがありました。

  • 子供用シャンプー
  • 子供用ボディーソープ
  • 子供用ボディーローション

の3種類。今まで何度も子連れでホテルに宿泊しましたが、ホテルオリジナルロゴのボトルに子供用のケアセットが用意されているホテルは初めてです。今まで別でベビー用のシャンプー&コンディショナーとボディーソープ、ボディーローションを持っていってたのでこのセットは嬉しいです。

大人用のアメニティは下記の通り↓

  • 歯ブラシ
  • シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、フェイスソープ
  • 綿棒コットン
  • カミソリ
  • ヘアブラシ
  • ヘアゴム
  • ナイトウェア
  • お茶(ティーバッグ)
  • スリッパ

バルコニーと部屋からの景色

2階のお部屋なので、少し背の高い木々が邪魔していますが、海も望むことができました。バルコニーが広く、テーブルと椅子もセットされているのでここでのんびり過ごすのが最高です。

1月の宿泊でしたが、この日は太陽もでて日中は少し暖かくなりました。

敷地内はヤシの木や南国の植物で溢れていて、赤瓦の屋根も沖縄らしさを感じます。

ホテルの施設

約80万坪の敷地には様々な施設が点在しています。ホテル内をレンタルカートで散策したので簡単に紹介していきます。

ゴルフコース

シーサイドコース

カヌチャリゾートにはシーサイドコース(インコース)ヴィレッジコース(アウトコース)のリゾート感溢れる2種類のコースがあります。

ビーチ近くには、パークゴルフやパターゴルフのコースもありました。

ヴィレッジコース(アウトコース)

私はゴルフをしませんが、ゴルフ好きの母と妹はこの素敵すぎるゴルフコースに大興奮していました。

ゴルフコースと海を見渡す絶景ブランコも。

クラブハウス

クラブハウスにはゴルフの受付カウンターやゴルフショップ、中華レストランの「龍宮」、ケーキを販売しているショップも。

カヌチャリアンショップ

ホテル周辺にコンビニやスーパーなどはありませんが、ホテル内にいくつかショップがあり、日用品から沖縄土産まで幅広く販売されていました。カヌチャリアンショップにはカヌチャオリジナルの商品も豊富です。

プールとビーチ

冬でプールやビーチは休業中ですが、テントサウナもあり、ビーチで散歩している人もちらほらいました。

グラスボートのアクティビティをしようと思いましたが時間が合わず今回は断念。カヌチャリゾートはアクティビティが豊富なので、ホテル内で十分遊ぶことができます。

和食レストラン 神着(カヌチャ)のディナー

ホテル内にはレストランが何店舗もあるので迷いましたが、今回は和食レストランの「神着」でいただきました。来店の1時間程前に電話予約してからいきましたが、この日は比較的空いていたので予約なしでも入れそうでした。

ただ、敷地が広くて移動が大変なので、待ち時間があった場合を想定すると、予め予約しておいたほうが良さそうです。

神着は、フロント棟のロビーの下の階にあります。店内は日本らしさと沖縄らしさが融合した落ち着いた空間で、ホールは84席、個室もあり広々していました。

まだ日が沈んだばかりの明るい時間帯だったので、海も見えました。イルミネーションもありテラスの雰囲気も最高です。

↑彩御膳

↑ステーキ御膳

今回注文したのは彩御膳(ビール付き)とステーキ御膳。どちらもボリュームがあるのにお値打ちで美味しかったです。彩御膳は沖縄の食材や沖縄料理が中心で、ゴーヤーチャンプルーも自分で作るスタイル。家族でゆっくり食事を楽しめました。

レストランは他にも中華や洋食、沖縄料理、ブッフェなど豊富にあります。

イルミネーション

カヌチャリゾートは、「スターダストファンタジア」とい100万の光が輝く沖縄県内最大級のイルミネーションでも有名です。2022年~23年にかけては、2022年11月1日~2023年2月14日(除外日あり)までイルミネーションが開催されていました。

敷地内の至る所にイルミネーションスポットがあり、カートで周って楽しみました。

教会の中ではプロジェクションマッピングや、30分ごとに雪が降る演出まで。

沖縄のリゾートホテルは夏に行く方も多いと思いますが、カヌチャは冬も満喫できます。

パラディでの朝食ブッフェ

朝食は、ノースウイングから近い「カジュアルダイニング パラディ」でいただきました。和、洋をはじめ沖縄料理も揃うブッフェスタイルの朝食です。

この日は空いていましたが、ブッフェコーナーは広々とゆとりもあり、混んでいても利用しやすそうなつくりになっています。

沖縄そばコーナーもありました。パンはホテルメイドで毎日厨房で焼き上げているようです。

そして嬉しいのは、このマグロ丼が作れるコーナー。マグロと漬けマグロの二種類がたっぷりあり、海ブドウやもずく、とろろ、アボカド、オクラ、温泉卵などをトッピングして好きなだけ楽しめます。

朝食から豪華にマグロが食べられるのは嬉しいですね!

さや
さや

テラス席もおすすめ

レストランの外にはプールとガーデンが広がっているので、天気が良い日はテラス席も雰囲気最高です。

離乳食コーナー

離乳食のブッフェまで
さや
さや

ブッフェに離乳食があるのは初めてみた!

お子様連れに助かるこの離乳食コーナー。キューピーの瓶入り離乳食の5ヵ月~と7ヵ月~の2種類や、ベビー麦茶、子供用取り皿や紙エプロンもブッフェコーナーに並んでいます。

ドリンクコーナーにはストローマグも置かれていました。

手前には小さな子供でも手が届く位置に子供向けのメニューもあり、ファミリーで利用しやすいレストランでした。

アクセス

〒905-2263 沖縄県名護市安部156-2

那覇空港から車で約80分

ホテルの料金を調べる

まとめ

今回は沖縄移住した私が宿泊した【カヌチャベイホテル&ヴィラズ】を紹介しました。敷地が広大で、今回は1泊のみでしたが、連泊して日中はホテル内で遊ぶのもおすすめです。子連れでも利用しやすいホテルだったので、ゴルフ好きな方はもちろん、ファミリーやグループでの利用もおすすめです。

その他のホテル宿泊記をみる

【ホテルマンの宿泊記ブログ】国内・海外のホテル宿泊レポ(まとめ)

最新記事はこちら

カテゴリーごとに記事を読む↓

Instagramでは沖縄のおすすめを発信しています
Profile
きりさや夫婦

はいさい~! 夫の『きり』と妻の『さや』と申します。
2人ともホテルマンで、将来は沖縄に小さなホテルをオープンすることが夢です。大好きな沖縄に保護猫2匹と移住をし、刺激的で楽しい毎日を送っています。
詳細なプロフィールは↑のリンクから

きりさや夫婦をフォローする
スポンサーリンク
シェアする
きりさや夫婦をフォローする
おもてなシーサー

コメント

タイトルとURLをコピーしました