ホテルマンの宿泊記ブログ【琉球ホテル&リゾート名城ビーチ】話題の新規開業ホテル

ホテル宿泊記
ホテル宿泊記
さや
さや

はいたい~さやです!

今回は沖縄移住したホテルマン夫婦の私達が宿泊した『琉球ホテル&リゾート名城ビーチ』を紹介します。2022年7月オープンしたばかりの沖縄でも話題となったホテルですが、リゾート感、ラグジュアリー感もあって想像の何倍も素敵なホテルでした。

正直新しいホテルなので、サービスやオペレーション面においてはそこまで期待していませんでしたが、どこでも+αの接客があり、ホテル全体で良いホテルにしようという気持ちが伝わってくるような、同業者としても関心するポイントがたくさんありました。

『ハード面、ソフト面、食事、コスパ、ロケーション』のバランスが取れていて、とにかくおすすめできるホテルです。

琉球ホテル&リゾート名城ビーチに宿泊予定の方、宿泊を検討している方の参考になれば嬉しいです。

POINT
  • 2022年7月23日に沖縄南部の糸満市にグランドオープン
  • 那覇空港から車で約20分の好立地
  • シーンに合わせて楽しめる6種のプール
  • 9種のレストラン&バーはクオリティも高い
  • 全室バルコニー付きオーシャンフロントのラグジュアリーな客室

ホテル概要

客室数443室
レストラン9施設(オールデイ・スペシャリティ・バー他)
施設屋外プール・屋内プール・宴会場・チャペル・スパ・ジム・ショップ(2店舗)
所在地沖縄県糸満市名城 963 番地
敷地面積約42,100平米
規模地上11階建て
運営会社株式会社 PHG琉球マネジメント
開業時期2022年7月23日

琉球ホテル&リゾート名城ビーチは、ラグジュアリーブランドを中心に国内外に8,200室のグループホテルをもつ、プレミアホテルグループが運営していいます。

沖縄県内にある運営元が同じ系列のホテルは

の計4ホテルです。

左から「オクマプライベートビーチリゾート」「ハイアットリージェンシー」「リーガロイヤルグラン」

どのホテルも宿泊したことがありますが、雰囲気や料理、接客においても良いホテルでした。(写真が少ないので宿泊記は書いていません)

プレミアホテルグループは、「マリオット」や「ヒルトン」、「ハイアット」「ニッコー」などのホテルブランドも運営していますが、琉球ホテル&リゾート名城ビーチは規模の大きなホテルであるものの、ノーブランドです。

ただ宿泊してみた感想は、他ホテルの運営のノウハウが活かされてるな~と感じました。

チェックイン

車で向かうと、遠くから大きな建物がみえてきます。先日帰省したときの飛行機からも見えましたが、周りに高さのある建物や他のホテルがないため、かなり目立っていました。

飛行機からみたホテル

今回は、チェックイン前にランチを利用予定だったので少し早めの12時頃に到着。チェックインの時間は15時ですが、チェックイン日は13時からプールの利用が可能です。

正面玄関に車をつけて荷物を運んでもらいました。

駐車場は正面玄関から下ったところにあり、基本はセルフパーキングのようです。駐車場の案内がありましたが、1歳の娘がいることに気づくと

ドアスタッフ
ドアスタッフ

小さなお子様がいらっしゃるので、宜しければバレーパーキング致します

とわざわざ声をかけてくださいました。そこまで手間ではないので断りましたが、第一印象から良いホテルだなと思える一言。

正面玄関はいってすぐ見える景色

ランチに全国旅行支援の地域クーポンを利用したかったので、事前に問い合わせると「先にフロントで手続きだけしたら利用可能」とのことだったので、その旨を伝えフロントに案内していただきました。(ちなみに電話対応もとっても良かった)

本来なら15時チェックインなのに、ベルの方もフロントの方も丁寧な対応。

ホテルロビー

娘を抱っこしたままカウンターへ向かうと、ソファ席に案内され、空いている時間帯だったのもあって座ったまま手続きさせてもらえました。待っている間も他のスタッフの方が声をかけにきてくれたりと、とても印象が良かったです。

チェックインカウンターは4台で、待つスペースもそこまで広くないので時間帯によってはロビーはかなり混み合いそうなイメージです。クラブラウンジは別の場所にあります。

チェックインの記帳は紙ではなく、タブレットで電子サインでした。

ランチから戻ったときもチェックインの担当の方が覚えていてくれたようで、すぐに鍵を用意してくださり、ベルの方にお部屋まで案内してもらいました。

全国旅行支援でお得に宿泊

【全国旅行支援】で『琉球ホテル&リゾート名城ビーチ』もお得に予約できます。詳細は以下の各予約サイトより。

全国旅行支援の詳細

ゲストルーム

ゲストルームは大きく分けて、

  • ツイン
  • デラックスツイン
  • プレミアツイン
  • プレミアクラブツイン
  • スイートルーム

5種類ですが、各カテゴリの中にもコーナールームがあったりと、公式ホームページが少し分かりづらいので表にまとめてみました。

同じカテゴリの中でも、コーナーやハイフロア確約だと少し料金も変わります。

客室広さ
(バルコニー)
定員備考
ツインルーム

34m2
(+6m2)
2名・ノースウイング
・4-11階(ハイフロア 9-11階)
・コネクティングルーム有
コーナーツイン38m2
(+6m2
)
2名・ノースウイング
・4-11階(ハイフロア 9-11階)
・コネクティングルーム有
デラックスツイン

38m2
(+6m2)
3名・ノースウイング
・3~11階(ハイフロア 9-11階)
・コネクティングルーム有
・3名利用時エキストラベッド
デラックスコーナーツイン42m2
(+6m2
)
3名・ノースウイング
・3~11階(ハイフロア 9-11階)
・コネクティングルーム有
・3名利用時エキストラベッド
プレミアツイン

42m2
( +9m2
)
3名・サウスウイング
・3~8階
・コネクティングルーム有
・3名利用時エキストラベッド
プレミアクラブツイン
42m2
(+9m2
)
3名
(3名は要問合せ)
・サウスウイング
・9~11階
・クラブラウンジアクセス付
プレミアクラブコーナーツイン46m2
(+9m2
)
3名
(3名は要問合せ)
・サウスウイング
・9~11階
・クラブラウンジアクセス付
プレミアクラブコーナーキング46m2
(+9m2
)
2名・サウスウイング
・9~11階
・クラブラウンジアクセス付
写真引用: 楽天トラベル

上記の表で、ツインルームからデラックスコーナーツインまでのアメニティがMiller Harris、プレミアツイン以降はACCA KAPPAです。またプレミア以上のお部屋は4月から10月のシーズン中、ビーチサンダルとビーチバッグもアメニティに含まれるようです。

スイートルームは全10タイプあり、クラブラウンジアクセス付き、またセンタープール直結のVIPバー Oasisが特典として利用可能です。

客室広さ
(バルコニー)
定員備考
デラックススイートツイン72m2
(+12m2
)
2名ノースウイング 11階
デラックスコーナースイートツイン76m2
(+12m2
)
2名ノースウイング 11階
デラックススイートキング72m2
(+12m2
)
2名ノースウイング 3階
デラックスコーナースイートキング76m2
(+12m2
)
2名ノースウイング 3階
ロイヤルスイートツイン84m2
(+18m2
)
2名サウスウイング 9~11階
ロイヤルコーナースイートツイン94m2
(+18m2)
2名サウスウイング 9~11階
ロイヤルコーナースイートキング94m2
(+18m2
)
2名サウスウイング 9~11階
プレジデンシャルスイート222m2
(+18m2
)
2名サウスウイング 11階

デラックスツイン

壁側ベッドはベッドガードを設置してもらいました

今回宿泊した部屋は、デラックスツインルーム38㎡)です。

ベビーベッドは柵の高さが50cmのもので、つかまり立ちのできる赤ちゃんはNGだったので、壁側のベッドのサイドと足元にベッドガードを設置してもらいました。

38㎡なのでそこまで広々しているわけではないですが、シンプルで使い勝手も良いお部屋で十分でした。娘も嬉しかったみたいでずっとお部屋を探検してた。

ライティングデスクにはアクセサリートレー。ベッドボードには照明のONOFFができるナイトパネルと、USBポートとコンセントが2個づつありました。ナイトパネルで空調の調整はできません。

新しいホテルなのにサイドテーブルの時計が小さくてアナログなのがなんだか気になりました(笑)娘のおもちゃになっていましたが、アラームの設定もできます。

セーフティーボックス

テレビではレストランなどの館内情報の確認ができますが、混雑状況やメニューなどの詳細はスマホでQRコードを読み込むスタイルでした。

貸し出し備品一覧もテレビで確認できます。

ミニバー

コーヒーメーカーは『DRIP POD』。タンクに水を入れるのではなく、後ろにペットボトルをセットして使います。個人的にはコーヒーメーカーはドリップポッドよりネスプレッソの方が好みです。

写真は使いかけですが、カプセルは4種類。HOTEL ORIGINALのカプセルやカフェインレスのカプセルがあるのは嬉しいです。

ティーパックは紅茶、ジャスミン茶、緑茶です。

引き出しにはグラスや電気ケトル、アイスペールが入っていました。

製氷機は各フロアではなく、私達が宿泊したノースウイングだと4階と10階にあります。

バスルームとアメニティ

バスルームも落ち着いた雰囲気で高級感があります。

バストイレは別で、バスルームには洗い場もあるのでお子様連れにはありがたいです。新しいホテルなのでもちろん綺麗で清潔感もありました。

バスタブは少し小さ目で脚をのばすとちょっと窮屈なサイズ。

アメニティ

デラックスツインのアメニティ Miller Harris

アメニティは部屋タイプによっても違いますが、デラックスツインのアメニティは『Miller Harris(ミラーハリス)』でした。

The Okura Tokyoのアメニティもミラーハリスでとても良い香りだったので楽しみにしていましたが、このTea Toniqueの香りも、高級ホテル感溢れる優雅な香りで癒されました。泡立ちは弱めです。

シャンプー&コンディショナー、ボディーソープ、ボディーローションのミニボトルは人数分ではなく1セットのみでした。

バスソルトもOCEANとLAVENDERの2種類。

ベーシン上の引き出しにはその他のアメニティが入っています。

  • ボディータオル
  • バスソルト
  • 歯ブラシ
  • マウスウォッシュ
  • コットン
  • 綿棒
  • レザー
  • ヘアブラシ
  • 爪やすり
ドライヤーはヴィダルサスーン

タオルやバスローブは高級ホテルによくある、重たいくらいふっかふかで厚いタオル地でした。

パジャマ

パジャマは上下セパレートタイプで、素材も着心地よかったです。

スリッパも安っぽくはなく、ふかふかでした。

ホテル館内には何ヵ所かコインランドリーもありますが、ホテルランドリーサービスもありました。

アイロンは常設ではないですが、アイロン&アイロン台、ズボンプレッサーなどは貸し出し備品にあります。テレビのホテル情報で貸し出し備品の一覧も見ることができるので、その他必要なものは在庫があれば借りることができるようです。

プールやビーチへ行くときに便利なビーチガウン。パジャマ、スリッパ、バスローブは客室外着用NGですが、プールへは水着の上にビーチガウンを羽織って外出できます。

部屋からの景色

ノースウイングの9階からの景色はこんな感じ。バルコニーには椅子とテーブルがあって波の音を感じながらのんびりすることができます。

糸満の海はあまり見た事がありませんでしたが、この綺麗さに感動しました。

特に遮るものもなく、青くて遠浅で透明度の高い海が広がっています。

沖縄の北部やリゾートが並ぶ恩納村まで行かなくても十分綺麗な海を満喫できるロケーション。強風だったので今回ビーチは行っていませんが、名城ビーチの透明度も抜群です。

海だけでなく、リゾート感じ溢れるホテルの敷地を見渡すことができました。

さや
さや

くもってても海は綺麗!

チェックイン日はずっと曇っていて暗めでしたが海の綺麗さはくもりでもよく分かります。

夜になるとプールやヤシの木がライトアップされてまた綺麗。お風呂あがりに波の音を聴きながらバルコニーでのんびり過ごしました。

ロビーとホテル館内

正面玄関から入ってすぐのメインロビーをはじめ、廊下や宴会のレセプション、レストランの待合スペースなど、どこも広々としていて、大きなアートや装花が飾ってあり雰囲気も素敵です。

海を見渡せ、写真映えするようなスポットも館内にはたくさんあるので是非お気に入りの場所をみつけてみてください。

ホテルショップ

THE MARKET

琉球ガラスの工芸品やホテルオリジナルアイテムから、子供用品や旅の必需品までなんでも揃うショップ。やちむんや沖縄工芸品のセレクトも素敵でした。また離乳食やおむつなどのベビー用品も販売しています。

THE SELECTION

沖縄ならではのストーリーが込められた品々や海外の珍しいブランドアイテムが揃うセレクトショップ。百貨店のような雰囲気で、高級感に溢れたショップでした。

ジム

Precor社製のマシンを採用したフィットネスジム。シューズとヘッドフォン、タオルは無料貸し出しもあり。16歳未満は利用不可です。

キッズスペース

まだ何もありませんでしたが、ジムの隣にはキッズスペースもあります。

プール

琉球ホテル&リゾート名城ビーチで魅力的なポイントは、なんといってもプール!

プールエリアの総面積は約10,000m2で、県内最大級6種のプールを完備しています。

  • オーシャンプール
  • 流れるプール
  • キッズプール
  • センタープール(スイートルームのみ)
  • インドアプール(通年)
  • オールシーズンプール(通年)

今回肌寒かったのと、赤ちゃん用の水遊びパンツもなかったので残念ながらプールに入っていないのでまたプールや海が入れるシーズンに宿泊したいです。

赤ちゃん用の水遊びパンツがゲットできなかった件!ホテルのショップでプール用おむつはちょうど完売してて、周辺の薬局やスーパー、西松屋を回ったけど10月の沖縄でも水遊びパンツがどこにもなかった…。夏ならすぐ手に入りますが、シーズン以外は事前に用意しておくことをおすすめします。

インフォメーション

少し見にくいですが、チェックイン時にいただいたインフォメーションにあったプールの情報です。

プールはチェックイン日の13時から利用できるので、早くホテルに着いた場合も、お部屋に入れるのは基本15時以降ですが先にプールで遊ぶことができます。

アウト日は11:00までの利用です。

時期によって営業時間が違い、通年で入ることができるのはインドアプールとオールシーズンプールです。

どのプールへ行く際も、インドアプール入り口にあるアクティブカウンターで受付をするとタオルを借りることができるようです。

プールサイドにもタオルがありました。カバナやガセボは有料なので、利用する場合はマリンハウスで受付が必要です。

各プールの紹介

オーシャンプール

海を望む、最も広いスペースを誇るオーシャンプール。プールサイドには有料のカバナもあります。

流れるプール

沖縄のホテルでも珍しく、流れるプールがあるのでテンションあがります。中心にはウォータースライダーが二つあり、一番人が集まっていたプールでした。ただ水の流れはかなりゆっくり。

両サイドは緑やヤシの木もたくさんあって雰囲気抜群です。

キッズプール

巨大バケツがひっくり返るアトラクションがあるキッズプールは水深0.2mで、小さなお子様も安心して遊べます。結構な量の水がバケツから落ちてくるので、1歳の娘は音だけで怖くて号泣していました(笑)

センタープール

スイートルーム宿泊特典のプール。「VIPプールバー Oasis」が併設し、シャンパンなどのドリンクをフリーフローで楽しめるようです。

インドアプール

インドアプールは通年で利用でき、冬場には温水プールに変わります。キッズプール(水深0.6~0.65m)、温水のジェットバスもありました。

オールシーズンプール

冬場は温水になる屋外プール。インドアプールと直結していて、行き来も可能です。そこまで広くはないですが、冬にも入れる屋外プールは沖縄でも珍しいので嬉しいポイントです。

夜のプールサイド

ディナーの後にガーデンを散策しましたが、夜もとても良い雰囲気でした。噴水やヤシの木もライトアップされていて、リゾート感満載です。

レストラン

琉球ホテル&リゾート名城ビーチのレストラン&バーは全部で9ヵ所あります。

私達が伺ったときは、ランチ営業をしているのは「Nashiro」と「山楽」のみでした。ディナーはほとんどのレストランが一人あたり予算1万~なので比較的お高めで、唯一めん処の「山楽」がリーズナブルなレストランです。

ビュッフェレストランのNashiroでディナーを考えていたのですが、開業してからまだディナー営業はしていないようでした。ホテルレストランでファミリーで入りやすいのはビュッフェだと思うので、いつかディナーも営業してほしいな~と願うばかりです。

Nashiro Diningビュッフェレストラン朝食ブッフェ
ランチブッフェ
MILANOファインダイニング
イタリア料理が中心
ディナー料金
コース ¥10,000~(税込)
かなざわジャパニーズフュージョンディナー料金
コース ¥9,900~(税込)
鉄板ダイニングディナー料金
コース ¥14,500~(税込)
OasisVIPプールバー20歳未満入場不可
BBQ TERRACE HAREY’Sバーベキューレストランディナー料金
BBQセット ¥9,900~(税込)
山楽めん処ランチ、ディナー営業
メニュー料金
せいろ蕎麦 ¥1,100~(税込)
THE Barメインバー
THE LOUNGEロビーラウンジ
レストラン一覧

この記事では、私達が利用した『Nashiro Dining』と『山楽』、『THE LOUNGE』を簡単に紹介します。

Nashiro Diningのランチ

さや
さや

スライドしてね ←→

Nashiroのランチブッフェは圧倒的に沖縄No.1だと思います。180種類以上あるので、一日ではとてもじゃないけど食べきれないくらい種類が多いです。ひとつひとつのクオリティも高くて時間をかけて作っているようなものばかり。

原価も高そうなものばかりで、贅沢すぎます。

何を食べても美味しくて見た目も美しい料理ばかりで、本当に最高なランチブッフェでした。

平日でもかなり混み合っていましたが、サービススタッフの人数も多く、すぐに少なくなった料理の補充がされたり、いいタイミングでお皿を下げにきてくださったり、全体的なサービスも素晴らしいポイントがたくさんありました。

写真が多くて、ここに載せると長くなってしまうので別記事で紹介予定です。

さや
さや

Instagramのリールにもアップしています↓

山楽のディナー

ランチでかなりお腹いっぱいになったので、ディナーはめん処『山楽』で軽く頂きました。ハイアットリージェンシー那覇の近くにもある蕎麦屋さんで、十割の本格日本そば味わうことができます。

外出前に一応予約してから伺いましたが、平日の夜でも満席で待ちがあったので、予約がおすすめです。テーブル席と、半個室の座敷席もありました。

めん処 山楽メニュー

食事のメニューはこんな感じ。琉球ホテルでは全てのレストランでサービス料はかかりません。

娘の取り分け皿や麺カッターを用意してくださったり、持ち込みの離乳食のパウチを器へ入れ替えてくださったり、気遣いや声掛けも多くサービス面も良かったです。

THE LOUNGE

THE LOUNGEではチェックアウト後にお茶をしました。写真はムースフランボワーズ(単品700円)で、ドリンクとのセットで少し安くなりました。

ロビーラウンジは眺望もよく、室内のゆったりとしたソファー席とテラス席があります。

THE LOUNGEのテラスからの景色

テラスからは海とプール、そして30分ごとにある噴水も綺麗に見えるので心地良い風が吹くテラス席もおすすめです。

朝食

さや
さや

スライドしてね ←→

朝食も150種類あり、今まで様々なホテルに宿泊しましたが、ここまでの品数のホテルはなかなかありませんでした。

一泊の宿泊では食べきれない量で、連泊してもしばらくは楽しめると思います。朝食も写真の数が多いので別記事で紹介予定です。

アクセス

  • 沖縄県糸満市名城963
  • 那覇空港から車で約20分。
  • タクシー利用料金の目安は、約3,000円
  • ホテル直行エアポートリムジンあり
  • 路線バスあり
  • 館内レンタカーデスクあり

駐車料金

一度外にでて外出先から戻ってくると、再度新しい駐車券が発行されるので外出する度にフロントにて認証してもらう必要があります。

宿泊者1泊 ¥1,500 / 1台
レストラン利用3時間無料
宴会利用4時間無料
2022年11月現在

ホテルの料金を調べる

琉球ホテル&リゾート名城ビーチ』は下記のサイト等から予約できます。今回私達はじゃらんから全国旅行支援を使って予約し、かなりお得に宿泊することができました。

琉球ホテルの料金ページが表示されます

まとめ

今回は沖縄移住したホテルマン夫婦の私達が宿泊した『琉球ホテル&リゾート名城ビーチ』を紹介しました。沖縄でも様々なホテルに宿泊しましたが、リゾート感溢れる館内、気の利いたおもてなし、美味しいお食事、どこをとってもバランスが良く本当におすすめしたいホテルでした。

さや
さや

他のホテルの宿泊記もチェック↓

Instagramでは沖縄のおすすめを発信しています

Profile
きりさや夫婦

はいさい~! 夫の『きり』と妻の『さや』と申します。
2人ともホテルマンで、将来は沖縄に小さなホテルをオープンすることが夢です。大好きな沖縄に保護猫2匹と移住をし、刺激的で楽しい毎日を送っています。
詳細なプロフィールは↑のリンクから

きりさや夫婦をフォローする
スポンサーリンク
シェアする
きりさや夫婦をフォローする
おもてなシーサー

コメント

タイトルとURLをコピーしました