【絶品】食彩酒房まつもとでとろける甘さのあぐー豚しゃぶしゃぶを堪能

レストラン
レストラン沖縄観光

きり
きり

はいさい!今日はおすすめのレストラン、「食彩酒房まつもと」を紹介するよ!

こてつくん
こてつくん

沖縄の中心部である那覇市にあり、国際通りにも近くアクセスもしやすいレストランだにゃあ~

はにちゃん
はにちゃん

人気なレストランだから予約マストだニャ!

こてつくん
こてつくん

YOUTUBEでマコなり社長もおすすめしていたニャア~

まつもとってどんなお店?

昔よく遊んだ家の近くの子はいつもキャプテンサンタの服を着ていた 元気かな

『食彩酒房 まつもと』 はあぐー豚のしゃぶしゃぶ専門店です。

メインメニューは『あぐー豚のしゃぶしゃぶ』1本のみ。プライドが感じられます。個人的にメニューが少ない店は自信を持ってやってんだなぁと思います。ラーメン屋でも「しょうゆ、みそ、とんこつ、しお、坦々、つけめん、油そば…なんでもあるよ!」ってとこよりも、「看板メニューはこの味!」って決まってるところの方がおいしいとこが多いと思います

コース内容は以下の通りです

〇あぐー豚のしゃぶしゃぶコース 5,500円

  • 前菜 生もずく 海ブドウ
  • メイン あぐー豚のしゃぶしゃぶ(自家製ぽん酢、コチュジャン、シークワーサー胡椒)
  • 締め 雑炊

あぐー豚とは

沖縄県産のブランド豚。特徴としては「脂がとろける」「甘い」「ジューシー」「低コレステロール」「臭みが少ない」等があります。あぐー豚は特に脂身を楽しむものです。とろけるような甘さのあぐー豚は沖縄に来たら是非食べておきたい物の一つです!

コース内容詳細

沖縄名産 もずくと海ブドウ

まずは前菜の生もずくと海ブドウです。

この二つはやはり鮮度が命!海ブドウはぷちっと歯ごたえが良く、舌に変に残るようなねばっこさは皆無です。

そして注目すべきはこの生もずく!沖縄の食べ物でびっくりしたものの一つです。もずくというと多くの方のイメージとしてはやはりもずく酢でしょう。カップに入って、あのツンとした酢にぬるっとした食感のもずくがあり…というのが大方のイメージかと思います。でも沖縄のもずくは一味も二味も違います。まず食感、もうシャッキシャキです。そしてプリップリ!弾力もよく歯切れも心地よい、今までに全く味わったことのない物に衝撃を受けました。あまり焦点が当てられる食べ物ではないかもしれませんが、沖縄のもずくとってもおいしいんですよ。もちろんまつもとのもずくも例外なくおいしいです。沖縄名産のおいしい食材を前菜で味わい、否応なしにもこの後の期待が膨らみます。

メインのあぐー豚 表緑、裏紫の葉っぱはハンダマという野菜 食べられます

メインのあぐー豚です。この写真見てみなさんはどう思いますかね。僕は最初にこれを見たときに、「脂身だらけじゃん…大丈夫か?8割ぐらい白やん」と思いました。スーパーで豚バラ買うときにこの肉が並んでいたら脂身多すぎて買わないレベルですよね。

店員さんが丁寧にサービスしてくれます

最初の肉は店員さんがしゃぶしゃぶしてくれ、丁度いいタイミングでどうぞ~と渡してくれます。全く、しっかりと店員さんがサービスしてくれても肝心の肉がこんな脂身だらけじゃなぁと思いながらも食べてみると「あっ、甘い!?!?」と電撃が走りました。最初の一口を食べたときの衝撃は今でも覚えています。あぐー豚の特徴として、『甘い』ということが第一に挙げられます。なるほど確かに甘く、しかも脂身もとろけるようでいてしつこくありません。そして自家製のぽん酢。ツンとくるような酢の尖った部分は少なく、ほのかに甘さもあります。なるほどこのぽん酢も豚の甘みをより味わえるような味付けになっているんですね。

おいしさに惚けていると店員さんが、「次はコチュジャンを付けてお召し上がりください」「今度はシークワーサー胡椒を付けてみてください」「最後に水菜を巻いて食べてみてください」と怒涛の勢いで味変をしてきます。おいおいおいおい技のデパートかい?どの食べ方も全ておいしくいただけました。個人的にはやはり定番の自家製ぽん酢で食べるのが一番でした。豚肉の量も結構あるので、色々味を変えて食べるのも飽きがこなくていい試みですね。

そしてお肉をある程度食べた後に柔らかくなってきた野菜を食べるのですが、これがいい感じに豚のうまみを吸っておいしいんですよね~。鳥のだしで野菜を食べる機会はそこそこあるにせよ、なかなか豚のうまみを吸った野菜を食べる機会ってそう多くはないのではないでしょうか。また、大根は絶対に最後まで取っておいてください。

しみしみ大根

これで肉のうまみ、他の野菜のうまみをしみしみさせた最強の大根が出来上がりました。僕はこのブログを書いていて一番よだれが出てきたのはこの場所でした。おでんもしかり、味のしっかりとしみ込んだ大根の魅力は半端じゃないですね。噛むたびに口いっぱいにうまみが広がります。

締めの雑炊

そして最後は締めの雑炊です。このコース結構量があるので実は締めの段階でかなり満足しています。ご飯の量は調節してもらえるので、店員さんに伝えてあげてください。僕らは少なめでオーダーしました。周りのテーブルも少なめで頼んでいる人が多かったように思います。

この雑炊ですが、これまた豚と野菜のうまみがしっかりと出たスープと一緒に頂くのでおいしくないわけがありません。豚の脂はかなりまろやかで、雑炊の味も甘く優しい味わいに仕上がっています。ここにもあぐー豚の特徴である甘いという利点が十分に発揮されているなと思いました。お腹はパンパンですがごはんが進みます。なんと優しい…。

ちなみに、3人以上でいくとバラみたいにお肉が綺麗に盛られてくるみたいです。映えたい方はこちらでチャレンジしてみてください。

アクセス

店名食彩酒房 まつもと
住所沖縄県那覇市松山1-10-8  ゆいレール県庁前駅より徒歩7分
電話番号050-5284-6757
予算6000~7000円

以前紹介したバカールオキナワも近くにあります。激戦区ですね。↓

「バカール」の絶品ピザを一口食べると電撃走る!!
ピッツェリア BACAR OKINAWAを紹介します。沖縄でも有名なバカールでは最高のピッツァが食べられます。おすすめポイントと絶対頼むべきメニューをお伝えします。

最後に

食彩酒房 まつもと いかがだったでしょうか。僕がインターネットで調べたときは店の雰囲気等入りにくい敷居の高い感じなのかなと思っていましたが、今は大きいビルが建ち、とても入りやすい雰囲気でした。カジュアルで、ファミリーでも利用しやすいかと思います。沖縄に旅行にきたすべての方におすすめできる場所です。あま~~い沖縄名産あぐー豚を、是非このまつもとで食べてみてはいかがでしょうか?

Profile
きりさや夫婦

はいさい~!夫の『きり』と妻の『さや』と申します。
2人とも現役ホテルマンで、将来は沖縄に小さなホテルをオープンすることが目標です。大好きな沖縄に保護猫2匹と移住をし、刺激的で楽しい毎日を送っています。
詳細なプロフィールは↑のリンクから

きりさや夫婦をフォローする
スポンサーリンク
シェアする
きりさや夫婦をフォローする
おもてなシーサー

コメント

タイトルとURLをコピーしました