新婚旅行でハワイ『マウイ島』を満喫 2泊3日のモデルコース、おすすめホテルとレストランも紹介

さや
さや

Aloha~さやです

きり
きり

マウイ島最高だったな~

今回は私たちが新婚旅行で訪れたハワイにある離島『マウイ島』を紹介します。6泊8日のハワイ旅行のうち、途中の2泊3日でマウイ島へ移動しました。手付かずの自然に囲まれ、オールドタウンの雰囲気はどこか懐かしい感じもするマウイ島、日本人観光客も少なくゆったりと満喫することができます。

私たちがマウイ島に行こうと思ったのは『リッツカールトン・カパルア』に泊まりたかったから。飛行機で40分なので、沖縄から宮古島へ行くようなノリで航空券を取りました。

そんなマウイ島で行ってよかったおすすめのホテルやお店もあわせて紹介します。

※マウイ島へ訪れたのは2018年9月です

マウイ島へのアクセス

ホノルルからマウイ島まではハワイアン航空で

マウイ島は、ハワイ諸島の中でもハワイ島に次いで2番目に大きな島ですが、面積はだいたい大阪府くらいの大きさ。1日で十分端から端までドライブできるほどの島です。

日本からの直行便がないので、オアフ島のダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル空港)から国内線乗り換える必要があります。

  • 日本主要都市 → ダニエル・K・イノウエ空港まで約7時間
  • ダニエル・K・イノウエ空港 → カフルイ空港まで約40分

マウイ島のメイン空港はカフルイ空港ですが、ホテルの場所によってはカパルア空港やハナ空港も利用できます。リッツカールトン・カパルアは、カフルイ空港よりもカパルア空港の方が近いですが、カパルア空港はかなり小さい空港で、便もあまり出ていないのでメインのカフルイ空港を利用した方が便利でした。

予約した飛行機の便はこの時間。ちょうどお昼ごろにマウイ島へ着き、帰りは午後の便にしました。

※2018年9月時点の便です

1日目のスケジュール

あまりプランを立てるのが好きではないので、基本は行き当たりばったりで行動。行きたいお店はある程度ホテルのWi-Fiがある環境で調べておきました。ネット環境がない場合は、Googleマップもオフラインで使えるように、マウイ島全体をあらかじめダウンロードしておくことをおすすめします。

マウイ島1日目
  • 8:30
    マリオットコオリナビーチクラブから
    ダニエル・K・イノウエ空港へ移動

    チャーリーズタクシーを利用

  • 10:30
    ホノルル → カフルイ空港へ
  • 11:10
    到着
  • 11:30
    レンタカーを借りる
  • 12:50
    「MAMA’S FISH HOUSE」でランチ
  • 15:00
    ショッピング

    ・ダウン トゥ アース オーガニック&ナチュラル カフルイ

    ・TARGET

  • 16:00
    「レジデンス・イン・マウイ・ワイレア」にチェックイン
  • 18:30
    「ザ・ショップス・アット・ワイレア」で買い物
  • 20:30
    ディナーは「ココナッツ・フィッシュ・カフェ」テイクアウト

マウイ島ではレンタカーが便利

マウイ島を満喫するならレンタカーは必須です。公共バスやタクシー、オプショナルツアーを組み合わせればレンタカーなしでもまわることができますが、あった方が断然便利。

レンタカーは日本にいるうちに予め予約しました。空港から送迎があり、レンタカーショップについたら自動チェックイン機でレンタカーのオプションなどを選択してクレジットで支払い。日本語も対応していたので簡単でした。

チェックインが終わると、

staff
staff

あの中から好きな車選んで、ゲートから出発して~

車を選んだら、ゲートにいるスタッフと外装の傷などをチェックして出発するシステムのようです。迷わず日本車を選択して出発。きりさんが運転しましたが、初めての海外での運転。慣れない左車線は心配でしたが、マウイ島は道も広く、車通りが多いのも空港周辺だけなので思っていたより余裕そうに運転していました。むしろ逆に、田舎の方は車がいないので右左折時に逆車線に突入しそうになるくらい。

Googleマップでみると分かるように、マウイ島はとにかく道が少ない。大自然の中に大きな国道が何本か通っているだけなので、地図をみても移動しやすかった。運転に慣れてなくてもマウイ島ならそこまで心配いらないと思います。

どこを走っていても空と海と山の大自然に囲まれ、窓を開けて走れば気持ちが良い風がはいってきます。山の天気は変わりやすく、スコールがきたかと思えば晴れたり。

さや
さや

「モアナ」いそう~!

きりマウイ
きりマウイ

What can I say~ expect you’re welcome~? ♪ For the tides, the sun, the sky♪

「モアナと伝説の海」を見たことがある誰もが歌いたくなるようなドライブコース。

山を抜けて町に出ると、どこか懐かしいオールドタウンの雰囲気がたまらない。オアフ島とはまた一味違ったこの感じがすごく好みでした。この辺りも散策したかったけど、とりあえずランチをすることに。

『MAMA’S FISH HOUSE』でランチ

マウイ島で有名なレストランを調べていて気になったのが、『Mama’s Fish House(ママズ・フィッシュ・ハウス)』パイアにある海沿いのシーフードレストランです。トリップアドバイザーの「全米の高級レストランランキング」で10位にランクインしているよう。他にも数々のランキングで上位をとる、ハワイ屈指の人気レストランです。

駐車場

空港からそのまま向かい、到着したけど駐車場が探せない。どうやらお店の裏側の道から入っていってしまったようで、ホテルのあるエリアで迷子に。

The Inn at Mama’ Fish House
公式HPより https://www.mamasfishhouse.com/location/

店員さんに駐車場を教えてもらいなんとか到着しました。駐車場はバレーパーキング。エントランスに誘導され、ドアマンに鍵を預けました。

元ドアマン<br>きりさん
元ドアマン
きりさん

バレーのレストランなんて初めて

Mama’s Fish Houseの受付

受付をすると予約でいっぱいのようで、名前を伝えて少し待ちました。長いウェイティングリストを持っていたので、事前に予約していったほうがいいかも。この待合スペースが素敵すぎて…ディズニーシーのポリネシアンテラスレストランみたい。

オールドハワイアンスタイルの店内

店内にはゆったりとしたハワイアンミュージックが流れ、ハワイアン絵画や貝殻が飾られていました。アンティークなハワイの調度品に合う、南国の花とタパ柄のテーブルクロスが素敵。外はヤシの木と海が見渡せ、雰囲気も最高です。ハワイにきたな~って感じ。

お昼の雰囲気もよかったけど、夜もまた素敵そう。アラカルトメニューから、前菜にはアヒポキのサラダをチョイスしました。

魚とエビのグリル

メインのお魚とエビも絶妙な火の通り具合で美味しかった。メニューを撮っていなかったのでメニュー名と値段は忘れましたが、ランチにしてはなかなかいいお値段だったと思います。

お店の外を散策

この時は曇り空でしたが、お店の周りのガーデンからビーチにかけても綺麗に整備されていて、写真を撮っている人や海を眺めて休憩している人もちらほら。

ボートやハワイの置物も

マウイ島へ行ったら是非訪れてほしいレストランでした。美味しいお料理に、この雰囲気はただ最高の一言につきます。

INFORMATION

ショッピング

マウイ島はオアフ島と違って、買い物できる場所は少ないので基本的にお土産などの購入はオアフ島で済ましておくのがおすすめです。ランチをしてホテルまでの間に二ヵ所寄り道してお買い物。

  • Down to Earth Organic and Natural
  • TARGET

Down to Earth Organic and Natural(ダウントゥアース)

ダウントゥアースは1977年にマウイ島で始まった自然食品ストア。現在ハワイには6店舗あり、ワイキキにもお店を構えています。john masters organics が日本や、他のハワイの店舗よりも安かったのでいくつかまとめて購入。運が良ければハワイ限定の香りなどもあるので、ばらまき土産にもおすすめです。

Down to Earth Organic and Natural(ダウントゥアース)

  • (808) 877-2661
  • 305 Dairy Rd 96732 Kahului, HI
  • Monday – Saturday 6am – 10pm
  • Sunday 7am – 9pm
Down to Earth Organic and Natural
Down to Earth is Hawaii's leading retailer of organic & natural foods since 1977.

TARGET

TARGET』はアメリカの大手ディスカウントチェーンデパート。2015年にようやくマウイ島にも上陸したようです。衣類や雑貨、インテリア、キッズ用品や食品など日用品がディスカウントプライスで買うことができるのでお土産購入におすすめです。

TARGET

  • (808)359-2829
  • 100 Ho’okele St, Kahului, HI 96732

1泊目は『レジデンス・イン・マウイ・ワイレア』に宿泊

ロビーとレセプション

マウイ島の1泊目はマリオット系列の、長期滞在型向けのホテル『Residence Inn Maui Wailea』に宿泊。全室スイートで、無料朝食がついています。長期滞在向けといっても1泊しか泊まらなかったのでもったいないですが、かなり快適でした。

夕焼けが綺麗なガーデンプール

到着時はスコールで土砂降り。プールは入りませんでしたが、プールサイドにあるラウンジでのんびり夕焼けを。

ゲストルーム

部屋に入るとまずこの広々としたL字キッチンとダイニングがあります。冷蔵庫や電子レンジ、調理器具や、お皿、カトラリーもあるので部屋で十分料理や食事ができます。

ソファの前にはテレビも

キッチンを進むとテレビのあるリビング、隣の部屋がベッドルームになっていて奥にバスルームがあります。清潔感もあって、過ごしやすい広い部屋で快適でした。1階のパーキングビューだったので景色は見えませんでしたが、到着したのも遅め&雨だったので問題なし。

朝食

朝食はプールサイドにあるテラス席で。朝食も有料オプションじゃなくて含まれているのが嬉しい。ワッフルマシーンが置いてあったけど、使い方が分からず固まっていたら優しい方(スタッフじゃなくてゲスト)が作り方を教えてくれました。

このワッフルが今まで食べたどのワッフルよりも美味しくて感動!もちもちで美味しかった~。ワッフル生地のレシピ教えてほしい。

マウイ島に来てから本当に日本人に会わなかったのですが、やっとこのホテルに日本人スタッフの方がいらっしゃいました。オアフ島とは違って日本人観光客はかなり少ない印象。同じ飛行機にもほとんど見かけませんでした。

日本人スタッフ
日本人スタッフ

どちらからいらしゃったんですか?このホテル日本の方あまり来ないので嬉しいです。

さや
さや

私達もマウイ島来てはじめて日本人に会いました。

ザ・ショップス・アット・ワイレア

ホテルへチェックインしてスコールの間は少し休憩して、夕方に近くのショッピングモール『The Shops at Wailea』へ行きました。ホテルから車で2,3分、歩いても10分くらいの場所にあります。着いたのは雨あがりの夕方で、これだけひと気がないとちょっと寂しいってくらい静かでした(笑)

雰囲気はよく、空いているので、目的のお店があればオアフ島のアラモアナセンターよりはゆっくり買い物ができると思います。

『 ココナッツ・フィッシュ・カフェ 』でテイクアウト

1泊目のディナーは、周りにあまりレストランはなく、せっかくお部屋にキッチンもあるので近くのお店を調べてテイクアウトすることにしました。車を少し走らせたところにあったCoconut’s Fish Cafe。アメリカン料理×ハワイアン料理×シーフードのメニューが豊富にあり、地元でも有名店のよう。

サラダとフィッシュ&チップスをテイクアウトしましたが、人気なのはフィッシュタコスだそう。後から知ったので、フィッシュタコスもオーダーすればよかった!

ホテルに帰ってダイニングで頂きました。夜のドライブも楽しかったな~。

マウイ島でみた天の川

夜のドライブ中にぱっと空を見上げたら、思わず『きれい~!』と叫んでしまったくらい満点の星空が広がっていました。ここまで綺麗な星空をみたのは、オーストラリアのタスマニア以来。星がすごく近くに感じて、はっきりと天の川も見れました。

今回のマウイ島では残念ながら、ハレアカラ山に登っていませんが、山頂からみる星空は感動ものだと思います。いつかまたマウイ島に訪れたらハレアカラ山で星空を眺めたい。

2日目のスケジュール

ラハイナから見える海
マウイ島2日目
  • 10:00
    『レジデンス・イン・マウイ・ワイレア』 をチェックアウト

    キヘイからラハイナへ向かう

  • 10:30
    ワイレアビーチ
  • 12:00
    アウトレッツ・オブ・マウイを散策
  • 12:30
    ラハイナのフロントストリートを散歩
  • 13:20
    『ババガンプシュリンプ・ラハイナ』でランチ
  • 14:00
    『オノジェラート』

  • 15:30

    ホテルでゆっくり過ごす

ワイレアビーチ

ホテルを出発したらまず、ワイレアビーチへ。高級リゾート地にあり、1999年に「全米ベスト・ビーチ」に選ばれたビーチです。アオウミガメやオニイトマキエイ (マンタ) と泳ぐこともできるみたい。海には入らなかったけど、マウイの大自然ビーチに癒されました。

ワイレアビーチ

ワイレアビーチを散歩した後は、車で北上し西部へ向かいました。2日目は朝から晴れて、絶好のドライブ日和。左側に海、右側に山の大自然の中を走るドライブは最高でした。

キヘイからラハイナへ向かう道のりは、あまりお店がないので、飲み物などを買っておくことをおすすめでします。

ラハイナに到着

ラハイナはマウイ島西部の人気観光スポット。かつてはハワイ王国の首都だった港町のラハイナは、海岸沿いに風情ある街並みが広がり、まさにオールドハワイアン。太陽が照り付け、賑やかな雰囲気が楽しめます。

アウトレッツ・オブ・マウイ

そんなラハイナのフロントストリートの先にある、『Outlets of Maui』。お店の数は少ないですが、日本でもお馴染みのブランドがちらほら。海風が抜けて気持ちよかった。

アウトレッツ・オブ・マウイ

ラハイナのフロントストリート

アウトレットを散策したあとは、ラハイナのメインストリートである『フロントストリート』へ。ノスタルジックな建物が海岸沿いに並び、お土産屋さんや飲食店、ブティックなどが連なっています。

フロントストリートは約2キロあり、端から端までゆっくり歩いても20分くらい。海沿いのストリートにはハワイアンな音楽が流れ、賑やかだけど騒がしいわけではなく、ゆったりとした時間が流れています。

ラハイナのフロントストリート

どこを切り取っても、レトロな感じと少し色褪せた建物もハワイの海と自然に馴染んでいてお洒落。

ちょうどお昼すぎくらいの時間だったので、このラハイナのフロントストリートでランチをすることにしました。

『ババガンプシュリンプ』でランチ

歩いていてなんとなく目に留まったレストランが『Bubba Gump Shrimp(ババガンプシュリンプ)』。映画『フォレストガンプ』好きなら一度は行ってみたいレストランではないでしょうか。今は日本にも東京と大阪に店舗を構えていますが、ここラハイナの店舗からはマウイの海を眺めながら美味しいエビ料理が食べられます。

窓際の席に案内されました

心地よい波の音を聞きながら食べるランチは最高のひととき。

シュリンパーズヘブン

オーダーしたのは、海老好きにはたまらないシュリンパーズヘブンとエビのパスタ。 ココナッツシュリンプ、グリルシュリンプ、フライドシュリンプ、てんぷらシュリンプ、フライドポテトの盛り合わせで、大満足のバリューム。食べきれなかったので、テイクアウトしました。

テーブルにサインボードがあり、店員さんを呼ぶときは<STOP FOREST STOP>、用事がないときは<RUN FOREST RUN>を出しておきます。そんな遊び心も、映画からできたレストランだけありますね。

テーブルに置かれたボードには『RUN FOREST RUN』の文字が

Bubba Gump Shrimp

  • (808) 661-3111
  • 889 Front St, Maui HI 96761

オノ・ジェラート・カンパニー (Ono Gelato Company)

左のドアを抜けると海がみえるイートインスペースがある

暑いとどうしても食べたくなるジェラート。ババガンプシュリンプと同じフロントストリートの海沿いにあるオノジェラートへ行きました。店内も可愛くて、お店を抜けると海が見えるイートインスペース。海が見えるというより、海の上でジェラートが食べられます。

『オノジェラート』 暑くてすぐ溶けた

『ザ・リッツカールトン・カパルア』にチェックイン

ラハイナを後にしてカパルアへ向かいました。マウイ島に来た目的でもあった 『ザ・リッツカールトン・カパルア』 にチェックイン。

ホテルの宿泊記は別の記事で紹介しています。

ホテルマンの宿泊記ブログ『ザ・リッツカールトン・カパルア』マウイ島
ホテルマンによるホテルレビュー記事。今回はハワイのマウイ島にあるザ・リッツカールトン・カパルアを紹介します。リゾート感あふれる素敵なホテルでした。

マウイ島にはリッツカールトン以外にも、フォーシーズンズやアンダーズ、マリオット、シェラトン、ウェスティンなどなど、ラグジュアリーホテルや大きなリゾートホテルが数多くあります。ホテルマンからするとどこのホテルに泊まりたいか、探しているだけでわくわくしてたまらない。

見ているだけでも楽しいですが、いつかは泊まってみたい憧れホテルばかりです。

3日目のスケジュール

ついにマウイ島最終日。3日目はとくに予定はなかったので、ドライブがてら景色の良いところで休憩しながら空港方面へ向かいました。

マウイ島3日目
  • 9:00
    ホテルで朝食
  • 10:30
    『ザ・リッツカールトン・カパルア』をチェックアウト

    カフルイ空港方面へ向かう

  • 13:00
    絶景ポイント『Whale Lookout Point』
  • 12:30
    『マウイコーヒーロースターズ』
  • 13:00
    レンタカー返却
  • 14:20
    カフルイ空港→ホノルル

『Whale Lookout Point』

車を走らせていて気になったポイントへ寄り道。高台からは海を挟んでラナイ島やカホオラウェ島が一望できます。名前だけあって12月から3月にかけては、ザトウクジラをみることができるようですが、私達が訪れたのは10月だったのでクジラをみることはできませんでした。

ただこのマウイの海や島々の絶景をみることができるので、休憩をかねて立ち寄ると良いと思います。

『マウイコーヒーロースターズ』

マウイコーヒーロースターズの店内

レンタカーを返す前に、コーヒー好きのきりさんがどうしても行きたがっていた、『Maui Coffee Roasters(マウイコーヒーロースターズ』へ。1972年のオープン以来地元に長年愛されるお店で、ハワイ産のコーヒーにこだわり、100%コナやマウイコーヒーなどの豆を幅広く取り揃えています。

店内のアートもかわいい

最高級の農家から仕入れた豆を自家焙煎していて、珈琲豆はもちろん、オリジナルのグッズなども販売しているのでお土産にもおすすめです。ロゴ入りのマグカップとコーヒー豆、丁度なくなりそうだったケメックスのフィルターが安かったので購入しました。

空港近くにあるので、是非立ち寄って美味しいコーヒーをテイクアウトしてみてください。

まとめ

今回は、私達が新婚旅行で実際にまわったコースと共に、マウイ島のおすすめレストランやスポット、ホテルを紹介ました。マウイ島は新婚旅行でなくても是非一度訪れてほしい素敵な島です。この記事を書いてても、素晴らしいマウイの景色が頭に浮かんできて、また行きたくなりました。

マウイ島に訪れる際に参考にしていただければ幸いです。

こてつくん
こてつくん

Mahalo~!

Profile
きりさや夫婦

はいさい~!夫の『きり』と妻の『さや』と申します。
2人とも現役ホテルマンで、将来は沖縄に小さなホテルをオープンすることが目標です。大好きな沖縄に保護猫2匹と移住をし、刺激的で楽しい毎日を送っています。
詳細なプロフィールは↑のリンクから

きりさや夫婦をフォローする
スポンサーリンク
シェアする
きりさや夫婦をフォローする
おもてなシーサー

コメント

タイトルとURLをコピーしました